« 春らしくなった妙高高原 | トップページ | 乗鞍岳 2011.5.20 »

2011.05.03

大倉山~三田原山(涸沢) 2011.5.3

天候不順によりGWの予定も二転三転。今日は大倉山北面を滑ってから三田原の涸沢を降りるルートで入山した。
1大倉山からの滑りは鬼ヶ城やら濁俣川左俣の広大な雪原を望みながらの滑走。開放感あり。

最近、予報が当たらない。今日こそ快晴かと思ってみたが、朝はそれなりに良い天気。牧場近くから歩きだし、涸沢から黒沢を目指す。台地に続く登りで後ろから一人の男性が…近くで見るとまたしても小屋の本宮さんである。前回はともかく、今回は凄い低い確率での遭遇だ。奇遇にもほどがある。ルートのアドバイスを少しだけしてもらった。台地は歩きやすく、木々がしらびそに変わると視界も遮られるので地形の把握が大切。何度も沢を越えて黒沢池付近に着いた。ここから黒沢池ヒュッテまで平坦な道を歩く。
2登りルートはマイナーだと思っていたら、結構マーキングがあって驚いた。

4少し上から見る黒沢岳。この頃からだんだん怪しい空に変わってゆく。

天候は快晴の予報だったが、昼くらいからやはりと言うか、曇ってきた。雨にならなければいいのだが…って考えながら大倉山に着いた。地図で見てもかなり良い斜面があるし、実際黒沢の稜線辺りから見てもそそられる斜面である。北面を滑る。この辺り、かなり良い斜面がたくさんある。
5鬼ヶ城と容雅山。しかし、良い斜面だ。日帰りでなければ下まで滑ったのに。

6珍しくいい滑りをしていたRuna。雪が良いと変わるもんである。

雨で浅い溝が出来ているものの、雪面は柔らかく非常に滑りやすいコンディション。斜度も適度。問題は何処まで降りるかだ。泊まりならともかく日帰りなので下山を考えるとどこかで止めないと…。適当なところで滑走終了し、登り返し。三田原の登りで細かい雪が舞ってきた。風も吹いている。15時15分三田原からの滑走開始。上部は風の影響で雪面は固い。いつもながら良い斜面だ。藪はそれなりに増えたけど、全く問題なく林道まで滑ることができた。自宅着が16時半…早い。いやぁ、結構ガッツリ歩いて滑りました。
10ワンデーだと登りに黒沢を使えない時期になると辛いっス。

|

« 春らしくなった妙高高原 | トップページ | 乗鞍岳 2011.5.20 »

テレマークスキーの山旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春らしくなった妙高高原 | トップページ | 乗鞍岳 2011.5.20 »