« 三田原山 2011.4.17 | トップページ | 春らしくなった妙高高原 »

2011.04.24

濁俣川右俣(火打山東面) 2011.4.24

概ね晴れ予報の今日、火打山東面に広がる兎平から濁俣川の右俣を滑ってきました。
5_2ゴルジュ帯は威圧感強し。岩壁の高さが凄い!

濁俣川には右俣、左俣、南俣の三つの大きな源頭があります。今回滑ったのは右俣。ここは新井からでも目立つ鬼ヶ城の直下にあるゴルジュ帯を滑降するルート。その規模たるや圧巻の一言。高さ百メートル以上の岩壁から飛沫を上げて滝が出現しています。そしてゴルジュが終われば右俣から燕尾根南台地に至る緩斜面の連続。非常に快適かつスピーディーにツアーができました。台地からは左俣にかかるスダレ状の滝も望めてその急峻な壁に言葉を失う。
1兎平を望む。非常にゆったりとした空間だ。テレマーク向き斜面。

2_2急斜面をこなすといよいよ鬼ヶ城ゴルジュへ。ここでアドレナリンはピークに達した。

3標高を下げるごとに雪は快適なザラメに変わる。

4鬼ヶ城です。日本とは思えない景観にしばし見とれるが、落石も多いので長居はできない。飛沫を上げて滝が出ていた。

6二俣です。開放感ありすぎ。

7これは左俣の様子。崖です。でも降りた人は凄い。

8上の左俣の雪の繋がっている部分の左にこのスダレ状の滝がある。高さもかなりのもの。

9二俣から左手の台地に上がる。正面の尾根は燕尾根。ブナの台地で快適なクルージングができた。

10発電所を見下ろす。今日は結構人が入っていました。ハンノキか容雅山か?

200_2笹ヶ峰から天狗の庭付近までのGPSログです。

300兎平上部から第三発電所までのGPSログ。鬼ヶ城付近のログが少し飛んでいます。岩壁が高過ぎるからか?
◆ツアールート詳細のレポはこちらです。

|

« 三田原山 2011.4.17 | トップページ | 春らしくなった妙高高原 »

テレマークスキーの山旅」カテゴリの記事

コメント

長野のやまかわです。
濁俣川、楽しめたようで何よりです。私のレポも多少ともお役にたったようで、うれしい限りです。本当にドキドキ、わくわくさせてくれるコースですよね。
濁俣川も澄川のように人気ルートになるかも・・・
頸城の山に行かれることが多いようですね。
どこかでお会いできるかもしれません。
Runaさんにもよろしくお伝えください。

投稿: maru_bu | 2011.04.29 16:33

やまかわさん、コメント有難うございます。
いやぁ、レポで名前を出したのが…バレましたか。

しかし、濁俣川右俣、最高のルートですね。火打の稜線から最も早く安全に発電所に辿り付けるルートだと思います。
濁俣川は澄川のような渡渉や登り返しがないので必ずメジャールートになるでしょう。
私は基本的に頸城・海谷しか滑りません。何処かでバッタリもあるかもしれませんね。今後ともよろしくお願いします。

投稿: kei | 2011.04.30 02:09

やまかわさん、はじめまして☆Runaです。

文章だけのガイド本を読んだ時点では、「こんなこわそうなところ、行きたくない~sweat01」と思ったけど、やまかわさんのレポを見たら、逆に行きたくなりました (o^-^o) 写真の力って、すごいですよね。実際、ドキドキ&わくわくの最高のルートでした!

いくつかレポを読ませてもらったのですが、時々テレマークもされるみたいですね♪

これからも、よろしくお願いします confident

投稿: Runa | 2011.05.01 00:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三田原山 2011.4.17 | トップページ | 春らしくなった妙高高原 »