« 吉尾平 2011.4.5 | トップページ | 三田原山 2011.4.17 »

2011.04.11

高谷池ツアー 2011.4.10~11

10日は文句なしの快晴、11日は晴れ後雨と言う予報のなか、高谷池ヒュッテをベースに容雅山を計画した。しかし、11日は下り坂、予想以上にガスるのが早く、予定を変更して笹ヶ峰へ下山となりました。
1定番の写真。しかし、美しい山々である。

2笹ヶ峰への林道はご覧のとおり、雪深い道である。現在除雪作業が続いています。

3黒沢に降りる場所から。まだ殆ど埋まっていました。

笹ヶ峰までの道路は現在池ノ峰を過ぎた辺りまで除雪が終わっている。そこから笹ヶ峰まで1時間ちょっとのアルバイト。今年は春先の冷え込みや降雪で雪は豊富。時期も早いことから黒沢をそのまま歩くことができた。黒沢湿原を経てヒュッテ着が13時半。昨日からの入山者や本日数名の入山者のトレースが無数にある。時間がまだ早いのでサクラ谷を一本滑る。小屋に戻ったが、どうやら本日小屋利用者は我々夫婦だけのようである。非常に暖かい日で夕刻からはイカを焼いたり餅を焼いたり、鍋もやって満足です。
4黒沢東面。いやぁ、素晴らしい斜面だ。東面なので午前中が狙い目。

5東面を登るとこの光景がいきなり現れる。何度見ても見飽きない光景だ。

6時間を持て余し、サクラ谷で遊ぶ。こちらは午後でも日当たりよし。

7イカを炙る。旨い。

8鍋で体の芯から温まった。

明けて11日、どんよりした空だが、東の空は晴れ間も見える。予定通りに容雅山を目指すべく肩へ向かう。しかし、だんだん曇ってきて肩から見下ろすと大毛無方面の山がガスに隠れたり出てきたりで非常に怪しい。これはどうかと思ったが、とりあえず勢いで澄川ボールを滑って一段目のボールを滑り終えた時、矢代の山が雲の中に消えていた…。

さて、どうする。ダメもとで容雅山、澄川も視野に入れてこのまま滑り続けるか、意を決して笹ヶ峰へ戻るか。短時間での決断が要求される中、やはり笹ヶ峰へ戻ることを決断した。休憩も兼ねてヒュッテに立ち寄る。ここから黒沢岳方面へ登って滑る。雪はめちゃくちゃ快適なザラメだ。この頃、雪が舞ってきた。登りに使った黒沢ルートをそのまま降りる。雪が多く、雪質もいいことから意外に楽しい滑降が続いた。

黒沢の橋を過ぎても藪漕ぎは無縁。あっちゅー間に笹ヶ峰へ。シールを張って1時間10分かかって池ノ峰の車へ。疲れたけど、何故か楽しかった。夫婦でヒュッテ貸切なんてそうそうないし、旨い食べ物一杯食べて幸せだった。しかし、容雅山…なかなか登らせてくれない山である。

|

« 吉尾平 2011.4.5 | トップページ | 三田原山 2011.4.17 »

テレマークスキーの山旅」カテゴリの記事

コメント

容雅山残念でしたね。
10日は良い天気で雪質も良くて最高でしたね。
こちらも、笹ヶ峰牧場と黒沢でうろついていましたよ!
黒沢を遡上して行くお二人さん見かけたけどねぇ。

投稿: コン | 2011.04.12 21:15

>黒沢を遡上して行くお二人さん見かけたけどねぇ
その二人…うちらだったかも(笑)。前にも後ろにも人の気配を感じていたから。
そういや黒沢で釣りしてたね…スノーモービル乗った人が。
あんだけ禁止の看板でてるのに…いい根性してるわ。

投稿: kei | 2011.04.13 02:16

その人に(実際は2人組のN県人)「10分前に、夫婦で歩いて行ったよ」と聞いた。
ついでに「スノーモービル、ココ禁止じゃなかったっけ?」と嫌味混じりで言ってみた。
回答は、「ここら辺りは、雷鳥いないから良いんだ!」だそうだ!?ちょっと違うんじゃないかいと思うけどね。
そうだ、遡上して行く方の写真も有るのだ!

投稿: コン | 2011.04.13 22:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吉尾平 2011.4.5 | トップページ | 三田原山 2011.4.17 »