« 個人でできること | トップページ | 杉の原スキー場 2011.3.26 »

2011.03.19

鍋倉山 2011.3.19

本日はブナの森の鍋倉山に行ってきました。鍋倉山、ここ数回は滑るルートも決まってきてマンネリ気味だったので、今日は快晴で条件がいいので黒倉山から茶屋池まで関田山脈縦走です。
1実は今日は寝不足で体調不良。しかし、このブナの森でパワー全開だった。

登りは無難に正面東尾根から取り付く。ここへ来るとブナのパワーで体が浄化される気がする。それほど癒しの効果があるのだろう。快晴とあり、山頂からは360度の大パノラマ。今日は気温も高く好条件なので関田山脈をちょっと縦走し、茶屋池からの尾根を滑ろうと計画。黒倉までシールのまま移動。東に雪屁、西は壁のように切れ落ちた狭いゴジラの背中のような尾根を歩いたり滑ったり…眼下には光ヶ原越しに高田平野がよく見える。実に楽しい。が、光ヶ原はスノーモービルのゲレンデ化していてなんだか…。
3山頂直下。やはり楽しみは妙高連邦のパノラマだ。

4黒倉山から見た素晴らしき頸城の山々。

0同じく黒倉山から振り返る鍋倉山。実は形の良い山なのだ。

5光ヶ原遠望。立山の弥陀ヶ原のように見える。

6夏とは比べ物にならないくらいのどかな茶屋池周辺。この辺りのブナ林も見ごたえありました。

8斜面を滑っては林道を流しての繰り返しで鍋倉の懐に入ってゆく。たまらん!

10最後はやはりここ。緩すぎて敬遠されがちだが、私はここからのクルージングが大好きだ。

Gps旅の記録です。

黒倉山から40分ほどで茶屋池着。池の北東ピークから滑ろうと思い、登ったはいいがこの尾根を下まで滑ると戻るのに谷の横断が厄介なことを発見。仕方がないので林道ベースに斜面を滑りながら移動。いつもの場所に出た。鍋倉の北斜面の橋を渡ってからはまるで牧場のようなのどかな雪原をクルージング。下山は早い早い。あっちゅー間に車に戻った。いやぁー、鍋倉は奥が深い。

|

« 個人でできること | トップページ | 杉の原スキー場 2011.3.26 »

テレマークスキーの山旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 個人でできること | トップページ | 杉の原スキー場 2011.3.26 »