« 放山 2011.2.6 | トップページ | 上越の里を目的もなく彷徨うツアー »

2011.02.13

赤倉山 2011.2.13

赤倉山ツアーでシャルマン級の重さのパウダーを満喫してきました。
213b

この3連休は特大寒波で大荒れの予報だった。しかし、終わってみれば初日の南岸低気圧が目立ったくらいで荒れたのは太平洋側だけだったようだ。肩透かしを食らった感があるのだが、本日は赤倉山へ行ってきた。朝起きて外に出てみると庭で約20cmの積雪。雪は問題ないのだが、視界が非常に悪い。この時点で大斜面は雪酔いや安全面でパス。ガスが濃いのでツリーランがいい。よって本日は赤倉山へ。今回も池の平から登る。トップからシール登行するが、雪が結構深い。30cmほどか。ま、たいした登りではないしRunaとトップを交代しながらなので負担は少ない。

登っている間に晴れ間が出てきたではないか!林道で妙高本峰が見えたので早い昼食も兼ねた休憩。すると杉の原方面から4人組みがやってきた。そして我々の後を池の平から6人ほどのパーティーがやってきた。2組とも池の平ゲレンデ方面へ下山するとのこと。我々は午後から用事があるので林道を滑りそのまま林間へ。雪は深い。そして重い。2月もこのくらいの時期になると冬と春が同居している。ツアーの計画が非常に難しいのだ。今回は雪が良かったので滑りも楽しめた。

|

« 放山 2011.2.6 | トップページ | 上越の里を目的もなく彷徨うツアー »

テレマークスキーの山旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 放山 2011.2.6 | トップページ | 上越の里を目的もなく彷徨うツアー »