« 2010シーズン総括 | トップページ | 飯綱山 2010.7.23 »

2010.07.11

”杉ノ沢橋~富士見峠~金山”道刈り タケノコ汁キャンプ2010

昨年に引き続き、富士見峠の道刈りキャンプに行ってきました。
2010710a金山から戻る途中、焼山が綺麗に見えた。富士見峠のテントが確認できる。

『10日』:築田さん達と合流し、予定通り7時に出発する。雪解けのこの時期は沢の水が非常に多く、おまけに残雪も多い。焼沢は全面雪に覆われていてかろうじて水場が出ている感じ。雪熔けが遅いぶん雑草もまだ控えめで、全員が富士見峠に着いてから昼食となった。
今日はここから金山まで稜線伝いに道刈り。私は刈払い機を担当した。天気は曇り時々晴れで暑くもなく寒くもない絶好の作業日和。金山山頂直下は大きな雪渓がいくつもあり、長靴でトラバースするには緊張した。途中で根まがり竹を取りながらキャンプ場に戻ったのは16時半ころだった。
2010710b本日の収穫。金山のタケノコ汁は非常に美味しかった。
ここからみんなでタケノコの仕込み。タケノコ汁を作るのは築田さんの担当だ。各自食事を取って待望のタケノコ汁も頂く。夕暮れ時の頸城稜線で食べるそれは非常に美味しく、贅沢なひとときだった。大型テントの中で宴会が始まり、みんなワイワイと話込む。22時を回って消灯。いろんな話しが聞けて楽しい夜だった。

『11日』:5時起床。各自朝食を摂ってテント撤収。焼山方面登山道の刈り払いと枝打ち。私は水場に降りるステップ切り担当。築田さんは杉ノ沢方面へ下って刈り払い。草が少ないことと、大人数でこなしたことで短時間で終了。下山も作業しながらなので時間がかかる。焼沢の水場まで刈り払いしたあとは一気に駐車地点まで下山する。昨年も思ったことだが、下山が非常に長く感じる。2日目ということもあって疲れも出てくるからか?

登山道の状況:杉ノ沢橋から富士見峠~金山(焼山分枝)まで刈り払いと枝打ちは終わっています。下草で登山道が見えなくなっている場所は殆どなし。富士見峠までは焼沢から上で雪渓が幾つかあり、雪も多いです。ピンクの目印が各所に付いているのでガスっても迷うことはないでしょう。ただし滑落には注意です。
雪融けが急速に進んでいる関係で沢の水量は多いです。渡渉は合計3箇所あり、よほど水が引かない限り普通の登山靴では確実に水没します。我々はほとんどの人が長靴で行きました。富士見峠キャンプ場も草ボーボーでしたが、テントを張るスペースは刈り払いしてあります。

■登るにあたって…渡渉が大変だけどそんなに暑くないこの時期はオススメですが、安全を期すなら夏の終わりがいいかもしれません。花はこれからでしょうか。稜線上のニッコウキスゲはまだ蕾が多いです。登山道自体は快適に歩けるようになっていますし焼山を日帰りで狙うには最短のルートなので是非チャレンジしてみて下さい。

|

« 2010シーズン総括 | トップページ | 飯綱山 2010.7.23 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2010シーズン総括 | トップページ | 飯綱山 2010.7.23 »