« 乗鞍岳ツアー 10.6.6 | トップページ | ”杉ノ沢橋~富士見峠~金山”道刈り タケノコ汁キャンプ2010 »

2010.06.12

2010シーズン総括

シーズンが終わった。振り返ればシーズン最初から最後まで雪に恵まれた非常に充実したシーズンだった。毎度のことだが以下、その詳細を含めて総括を綴りたいと思う。暖冬・小雪と言われて久しいが、2006年以降久々にまとまって降った年ではなかろうか。
Kage空に浮かぶ超特大の滑り台!火打山頂付近より見下ろす影火打南面大斜面。武者震いしそうなほどのバーンが続く。後方は北アルプス。

今期滑った山。

・1/25…前山
・1/31…籠町南葉山
・2/13…池ノ平~新赤倉
・2/17…赤倉山
・2/25…黒姫山
・3/2…鍋倉山
・3/14…昼闇山
・3/20…神奈山
・3/27…乙妻山
・4/8…吉尾平
・4/13…吉尾平
・4/18~19…黒菱山~ハンノキ平
・4/25…黒沢岳~三田原山
・4/30~5/2…高谷池定着ツアー
・5/8~11…北ノ俣定着ツアー
・6/6…乗鞍岳
滑ったのはほとんど地元の山である。県外(長野北部を除く)が僅かであることからいかに移動なく山が楽しめるか証明された。妙高高原様様であるが、多くのツアーがRunaとの2人パーティーだったこともあり、滑降ルート取りや全体を通じてのスタミナ切れなどに気を配った。

※印象に残るツアーを個別に挙げると

【昼闇山】築田さん達とのパーティー。今期どうしても登りたい山のひとつだった。一ノ倉川は昨年も滑っているが、それを昼闇山頂から行くことに意味があり、昨年は小雪の影響で滑ることができなかったゴルジュ帯を通過して感無量だった。しかも究極の快晴。ハードな登りと感動の滑降と相まって忘れることのできないツアーとなった。
Hirukuraロケーション最高の一ノ倉川。築田さん撮影。

【吉尾平】吉尾平自体は過去に来ているので再訪になる。昼闇山肩から始まる実にテレマーク向きな斜面が延々続く。鉢山や阿弥陀を含む日本離れしたロケーションは強烈に記憶に残るものだった。前烏帽子~砂場も含めてこの辺り、バリエーション豊かなエリアであるしアレンジが効くので毎年行ってみたいと思った。魅力的な山域は何度行っても飽きないものだと再確認した。
Yosio奇峰に囲まれた雲上の別天地。急斜面は一切なし。

【黒菱山~ハンノキ平】火打山周辺を巡る多くのロングツアーの中では変化に富んだ上級者向きのルート。一般的には山中1泊になる。ここを徹底的に検証した結果、今の我々にはハンノキ平末端でのテント泊が最も快適で安全だと判断した。火打肩から始まるうねる尾根は冒険心を掻き立てられるし、雪屁下のトラバースに超急斜面と次から次へと局面が変わり、実に忙しいツアーだ。ハンノキ平は広大かつフラットな斜面で是非オススメしたい斜面。記憶に残る斜面です。下山に使う燕尾根からのルートもハードで長いだけに無事に下山した後の達成感は半端ではない。
Hannnokiひとことで言うと何が起こるか分からない冒険⇒すなわちである。それがハンノキ。

【北ノ俣定着ツアー】初日のザックの重さは過去最高でした(笑)。この計画、北ノ俣避難小屋なくして成り立たない。世の山に快適な小屋は数あれど、室内トイレと水場完備はまずないだろう。ここをベースにするのだから快適でないわけがない。会社に10連休を申請したし、食材は7日分を上げたのでもっと滞在できたのだが、天候などの理由で滞在4日にて下山。それでも薬師を滑れたのは充実したし、北ノ俣岩峰ピークからの薬師沢は堪らない斜面だった。毎日17時夕食の20時消灯、2時起床と言う考えられないスケジュールで行動した。
Yakusiここほど定着と言う言葉がしっくりくる山域はない。これだけベースが快適だと停滞も苦にならないかも。写真は薬師平付近からの黒部五郎~三俣蓮華周辺。北アルプスのド真ん中。

と言う感じだが、他にもいろいろ楽しいツアーはあった。私にとってツアーとは旅である。アレンジの効かないルートには興味はなく、創造性と冒険心の掻き立てられる旅にこそツアーの醍醐味を感じられるのだ。来期のことは来期になってみないと何も分からないが、新しいルートにチャレンジすると共に、その一方で過去に感動したルートには何度でも行きたいと思っている。ちなみに予定にあったのにどうしても行けなかった山は容雅山である。予定を組んでも何故か行けない不思議な山なのだ。

今シーズン、私達とセッションして頂いた多くの人に感謝です。そして事故、怪我なくシーズンを終えられたことを当たり前だと思わず、今後も安全最優先で山を楽しみたいと思っています。

|

« 乗鞍岳ツアー 10.6.6 | トップページ | ”杉ノ沢橋~富士見峠~金山”道刈り タケノコ汁キャンプ2010 »

テレマークスキーの山旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 乗鞍岳ツアー 10.6.6 | トップページ | ”杉ノ沢橋~富士見峠~金山”道刈り タケノコ汁キャンプ2010 »