« シャルマン火打 10.1.26 | トップページ | AKAKAN 10.2.1 »

2010.01.31

籠町南葉山

矢代山地は上越高田平野から望める低山であるが、季節風の影響をまともに受けるため、その標高からは想像できないほどの積雪量を誇る。火打山からもはっきりとその存在感がわかる南葉山だが、今回は万内川公園から山頂往復の計画で入山した。単独である。
Na1_2

もともと大毛無山を中心としたこの辺り、山スキーのメッカとして有名で、山ではなくともその辺に無数においしい斜面があるのだ。籠町南葉山往復は基本的には杉尾根の往復だ。登った尾根を降りるのだから不安材料は少ない。しかも登りは林道ベースなのでさらに安心感が増す。
Na2_2
結果的にはシール団子状態が続き稜線に出たところでギブアップでした。ま、山頂に拘る山でもないし、機会があれば再訪したいと思う。それと今回のツアーは矢代一の大斜面を持つと言われる重倉山の偵察も兼ねていた。登りは同じ杉尾根なのでこれで下見も果たせたと言うわけ。
Na3_2
さて肝心の滑りだが、重いパウダーとクラストで殆どターンらしいターンをさせてもらえず。ま、この時期は何事においても修行ですな。しかし、矢代は千㍍足らずの山とは思えない積雪量で今後に期待が持てました。静かな山旅にはお勧めです。

|

« シャルマン火打 10.1.26 | トップページ | AKAKAN 10.2.1 »

テレマークスキーの山旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シャルマン火打 10.1.26 | トップページ | AKAKAN 10.2.1 »