« 飯綱山 2009.7.16 | トップページ | 立山~薬師岳 2009.9.2 ① »

2009.07.29

神奈山 7.29

7月29日は梅雨時期の平日とあって誰とも会わない静かな神奈山を満喫してきた。登山口は豪雪で有名な関温泉スキー場である。梅雨末期特有のザーザー降りの雨の隙間を縫っての登山だった。
Kat1
山頂より少し黒沢方面へ行くと展望が明ける場所がある。
妙高高原もよく見えるが、米山を含む高田平野が最高だった。

地球温暖化に異常気象などもう聞き飽きた感があるのだが、今年の梅雨の長さと雨の多さには参った。ここ数年は7月一杯は気象の不安定な状態が続き、梅雨が明けたとしても”梅雨明け10日”という言い伝え?は過去のものとなった。

実は我々も予定していた山に行けず、悶々な気持ちだったのだが、今日は朝食後に窓からちょっとした晴れ間を見て速攻準備。なんと自宅を出たのが9時40分という余り人に言えぬ山行となったのだ。
関温泉の夏のゲレンデを登る。リフトトップから藪こぎになるのだが、速攻準備とあって忘れもの多数(笑)。藪こぎがあるのがわかっていながら手袋をもってこなかった。背丈より高い藪をかき分けながらゲレンデトップに着いた。ここから見た妙高高原に感服です。
Kat2
さて林の中に入り、歩きやすいブナの森をどんどん登る。かなりハードな尾根を登り、ニセピークに何度も騙されながらも2時間半で山頂着。展望を満喫したら下山です。下山時にゲレンデを下っているとき、無情の雨が…結局雨具を着て下りました。しかし、8月も冷夏で低温とのこと…梅雨っていつ明けるんだろうか。

|

« 飯綱山 2009.7.16 | トップページ | 立山~薬師岳 2009.9.2 ① »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 飯綱山 2009.7.16 | トップページ | 立山~薬師岳 2009.9.2 ① »