« シャルマン火打スキー場…22 | トップページ | シャルマン火打スキー場…23 »

2009.04.23

高谷池ヒュッテ小屋開けツアー(4月17日~18日)

 4月17日~18日と高谷池ヒュッテに小屋開けの手伝いに行ってきた。2009年スキーシーズンも終盤である。はっきり言うと今期はいつ終了してもおかしくない。快適に滑れる山(斜面)が少ないからである。いつグリーンシーズンに入るか悩んでいるところだが、とりあえず近場の火打山だけは登っておきたい。と言うか厳密に言うと山頂までは行ってないのだが、下手に山頂を踏むよりずっと充実したツアーになったのだ。
A
なんだかんだこの山だけは真っ白だった。

 この時期にしては暖かい笹ヶ峰を7時半に出発。生憎の雨は予報通りなのだがこの雨、十二曲がりの上まで付いてきた。一瞬ミゾレ交じりに変わったのが富士見平直前。その後は急速に天候が回復し、トラバースでついに火打山が姿を現した。
B
黒沢トラバースでガスが切れた。感動の瞬間だ。
 小屋開けの助っ人なので雪に埋まったトイレ掘りをする。腰は痛いが、ひたすら掘り続けるのだ。で夜は宴会。これが最高。いろんな人と飲んで食べて話して…実に楽しかった。
Photo
3mの雪で埋まったトイレを掘り出す。
D
小屋前より夕暮れ時の白馬方面。雲海に浮かぶ島のようだ。
E
18日の朝は快晴。何処までも青い空に北アルプスが映える。
F_2
黒沢岳東面。朝日を浴びてのドロップは溜まらなかった。登り返してここを2本滑った。
G
黒沢湿原付近は開放感があって滑ってよし、寛いでよし。最高だ。
 翌日はいろいろルートに悩んだが、快晴の火打を見送って黒沢東面2本、三田原山頂から涸沢で笹ヶ峰下山。これが一番快適に下山できると思ったからだ。事実今期のツアーでは一番滑り応えがあったし、楽しい思い出になった。下山した笹ヶ峰は春と言うには暑すぎる陽気だった…。
I
最後は三田原山から涸沢を滑った。正面は乙妻山。

|

« シャルマン火打スキー場…22 | トップページ | シャルマン火打スキー場…23 »

テレマークスキーの山旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シャルマン火打スキー場…22 | トップページ | シャルマン火打スキー場…23 »