« シャルマン火打スキー場…19 | トップページ | シャルマン火打スキー場…20 »

2009.03.18

高松山(一ノ倉川)

 豪雪の頚城・海谷の山の中でも際立って白いのが高松山である。火打山や放山から見るとより一層白い。周囲を強烈な昼闇山や焼山に囲まれているからその白さほど目立たないようで、事実余り登頂の対象とはなりにくいようだ。
3
北東尾根はパノラマ最高。高度感満点。

 平日の今日、快晴との予報に笹倉温泉拠点に高松山に登ってきた。地元の山だが後半ルートが沢ルートとあり、5時半と珍しく早出とした。薄暗い笹倉温泉で立山の某ガイドと会った。北面台地だそうだ。アマナ平から焼山川を渡り、高松山北東尾根に取り付く。
2
一倉川は麓からも目立つ巨大な谷だ。恐いくらい白い。
 首が痛くなるような急登だが、体力さえあれば短時間で稜線に出られる。
雪のコンディションは余りよくなくてなんか不気味な兆候も見られたが、11時半に無事高松山山頂着。山頂からは北面台地も視野に入れていたが、やはり一の倉川にドロップ。湯川内から目立つ超巨大な沢地形を滑る。ラインは取り放題でひたすら落ちる。結局沢が割れていた。谷を強行するか迷ったが、安全策でシールで尾根に登り返す。これが良かったのか新田山コルまで早かった。結果15時半焼山温泉着。出発してから10時間だった。詳細レポはこちらより
1
沢のボトムは不気味だ。両側が壁になっているからいい気はしない。

|

« シャルマン火打スキー場…19 | トップページ | シャルマン火打スキー場…20 »

テレマークスキーの山旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シャルマン火打スキー場…19 | トップページ | シャルマン火打スキー場…20 »