« 高松山(一ノ倉川) | トップページ | シャルマン火打スキー場…21 »

2009.03.19

シャルマン火打スキー場…20

 雨や高温で雪解けの進むシャルマンだが、今日行ってみるとさらに状態が変わっていた。林道は雪が完全に溶けてもう殆ど2車線化している。駐車場もしかり…去年の4月半ばくらいだから1ヶ月は早いと思う。
B

 麓で20℃ほどと初夏を思わせる陽気。雪もシャリシャリのザラメで扱いやすいからこれはこれでいいのだが…。一応5月6日まで営業となっているが、このぶんだと4月半ばまでもたないだろうな。今日は重機でハーフパイプを作っていたからまさに営業終盤か。お客さんも学校スキーを除けば5人?ほど。いくらなんでも酷いでしょ(笑)。
 コース内はいたるところにクラックが入り、非圧雪エリアはかなり注意が必要。ゲレンデトップからは昨日登った高松山とゴツい北東尾根がはっきりと見えた。

|

« 高松山(一ノ倉川) | トップページ | シャルマン火打スキー場…21 »

ゲレンデスキー」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。haruと申します。
少し前から奥様のBlogに時々書き込みをさせていただいています。
こちらへはたしか2年ほど前にアライマウンテンを検索していてたどり着いたと思います。
そのころちょうどシャルマンへ行ってみたいと思っていたので
いつも読ませてもらうようになりました。楽しみに読み逃げしておりました。
今までのツアーの記録も何度も読んで、いつか私も行ってみたいと思っています。

今シーズンのいい時期のシャルマンもそろそろ終わりのようですね。
私は結局今年も行けずじまいで残念です。
いちどシャルマンのクリーミーなパウダーも味わってみたいです。

お二人のBlogを読んでいますと、結婚したころの自分を思い出します。
私もスキーが縁で結婚しましたが、当時はかなりレベルの差があり、
夫は私が上手くなるのを辛抱強く待っていてくれました。
今では二人で同じところを楽しむことができ、皆にうらやましがられています。
若いうちはいいですが、年齢を重ねると夫婦で同じ楽しみを持ち行動できるということは
とても楽しいものですが、普通はなかなか難しいことのようです。
それには二人の忍耐と努力が必要ですが、必ずすばらしい結果が得られます。
そのことをkeiさんはよくわかっておられますね。
これからのお二人のツアーも楽しみに読ませていただきます。

投稿: haru | 2009.03.20 23:50

haruさん、こんばんわ。Runa共々、blogを見て頂いて有難うございます。
アライマウンテンは私にディープパウダーの楽しみを教えてくれたゲレンデ(山)でした。
今はもう営業していないので他に山らしいゲレンデと言うことでシャルマンを選んだのです。
今期は少雪で余りいいところがありませんでしたが…2月上旬の寒気が入った後が狙い目だと思います。

haruさんもそうでしたか…いつか我々も同じ斜面で同じシュプールを描きたいと願望しているのですが、まだまだ果てしなく遠い道のりです。まさに忍耐ですね。夢はノートラックで”8”の字を書くパウダーエイトフォーメーションです。

雪が少なく、今期は短いシーズンになりそうです。
でもツアーの内容は濃いので満足していますが…。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: kei | 2009.03.21 00:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高松山(一ノ倉川) | トップページ | シャルマン火打スキー場…21 »