« シャルマン火打スキー場…5 | トップページ | シャルマン火打スキー場…7 »

2009.01.13

シャルマン火打スキー場…6

 ようやく降ったと言う感じである。海の近くにある上越市の街中でもまとまった積雪。山は言うまでもないだろうとシャルマンへ。連休明けの平日にしては車が多い。やはりみんなパウダー目当てなのか…。
113b
これぞシャルマン。これ目当てにここに来るのだ。

 センターハウスから見上げるプリンセスはもう殆ど藪も消えて快適に滑れそう。ペアで山頂へ。まずはメール。薄いガスで雪酔い寸前だがなんとか持ちこたえてコブのコースに入る。コブは消えて深い深いパウダーバーンとなっていた。ここを転倒覚悟のハイスピードで突っ込む。レーズンを左に見てまたペアで山頂へ。
 メールとクールからプリンセスに入った。このプリンセスへのアクセスは雪が増えたと言ってもまだ上から入るには心配である。藪や地形が出ているので正式オープンまで待ちたいところ。さてクールは複雑でうねるような地形の斜面だが、なにしろ雪が深い。発表では40cmとなっているが、吹き溜まりでは確実に腰まで埋まるほど。とにかく後ろに乗って直滑降あるのみ(笑)。
113b2
 さて、真っ白になったプリンセスに来た。トレースは1本だけ。殆ど藪も地形も消えたプリンセスはやはりシャルマンで最も楽しい斜面と言えるだろう。ここをまずは1本。上からRunaがキャーキャー言いながら(転びながら)降りてきた。まだ深い雪を滑れるレベルではないが、これも経験である。
113b3
スノーマンです。斜度と高度感が溜まらないコース。
 雪酔いしそうな地形のメールを外して次はスノーマンだ。もともと滑り応えのあるダイナミックなコースだが、圧雪の上に10cmほどのパウダーが乗ったいわゆる”ヤバいコンディション”である。浅いショートターンで降りながらメローなナチュールに入る。ここもまた深い。殆どテールに乗ったまま真っ直ぐに降りるのが楽しい♪
長い休憩を挟んで午後からは強風で一時リフトが停止する場面も。ディープパウダー、最高である。まだまだ上手く滑れない時もあるけど、純粋に雪遊びが楽しいと思えるのだ。今日は新潟らしい重いパウダーを嫌と言うほど板のトップで感じた1日でした。

|

« シャルマン火打スキー場…5 | トップページ | シャルマン火打スキー場…7 »

ゲレンデスキー」カテゴリの記事

コメント

メールありがとうございました。

堪らんですな♪
まさに「シャルマン」=素敵ですね。
なんとか都合つけて行ってみたいと思いました。

おかげで、なんかテンション上がってきたぞ!

投稿: さと | 2009.01.13 22:46

ようやくまとまって降りました。
白馬回りでも妙高回りでも+1時間…アクセスに難儀しますが、2月のシャルマンはそれだけの価値がありますよ。

ヤマボクとセットでどうぞ♪

投稿: kei | 2009.01.14 07:07

keiさん&Runaさん遅くなりましたがあけましておめでとうございます。
憧れのシャルマン!!ふかふかのパウダー。うらやましい限りです。
連休中、私たちは妙高でしたが、異常なほど込んでいました。(彼はバブル絶頂期を彷彿させるようだ…と言っていましたが)
雪質はすこぶる良好で、新年初滑りを楽しんできました。
今年こそはシャルマンへ!!が合言葉です(^^)

投稿: rommy | 2009.01.15 21:03

rommyさん、お帰りなさい。
新婚旅行楽しめたようでなによりです。
妙高は混んでましたか。シャルマンはなぜだかいつも空いてますよ。

とにかく降る時の勢いが凄いんです。一度行ってみて下さいね。

投稿: kei | 2009.01.15 23:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シャルマン火打スキー場…5 | トップページ | シャルマン火打スキー場…7 »