« シャルマン火打スキー場…6 | トップページ | シャルマン火打スキー場…8 »

2009.01.24

シャルマン火打スキー場…7

 雪国の恐ろしさはたった一晩で街を全く違う世界に変えてしまうことだ。23日の上越市は気温10度ほど。春先の陽気で暖房もいらないほどだった。しかし、その夜に久々の寒気が街や山を白くした。海に近い上越市は寒気が入り、雪が降る前に雷が鳴る。かなり大きな音で一晩中鳴り響き、翌朝窓の外が白くなる…これがいつものパターン。今回も市内で15cmほど積もっただろうか。
124b
このゲレンデ、いわゆるパウダー争奪戦とはほぼ無縁である。
それがいいのか悪いのかは?だが基本は空いている。昼でも充分パウダーを楽しめた。

 シャルマンに着くと40cmくらいのパウダー。終日気温も低く、軽いドライパウダーを満喫。天気は吹雪から途中で晴れ間も覗いたが余り視界はよくなかった。さすがに1月下旬の週末なのでそれなりにお客さんも来ていた。妙高の関などもようやく240cmとそれなりに増えてきたが、やはり例年に比べると雪は少ないようだ。
124bb
変な例えだがゲレンデはコンパクト…しかしエリアは広大、それがシャルマンなのだ。
 春先のツアーのためにも2月で積雪量を蓄えてほしいものだ。我々は明日もシャルマンです。また少し降るようだが、今日のような底なしパウダーとはならないだろう。コースの藪もかなり消えたのでプリンセスやナチュールはラインを選ばずに滑れる。もう一降りで相当楽しくなりそうです。

 本日もクワッドは点検・調査中。なおシャルマンのサイトが新しくなりました→こちらより。

|

« シャルマン火打スキー場…6 | トップページ | シャルマン火打スキー場…8 »

ゲレンデスキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シャルマン火打スキー場…6 | トップページ | シャルマン火打スキー場…8 »