« シャルマン火打スキー場…3 | トップページ | シャルマン火打スキー場…5 »

2009.01.07

シャルマン火打スキー場…4

 新しい年が明け、それなりに雪が増えてきたのだが天候はイマイチ。豪雪地帯なので仕方がない。晴天率が悪いからたくさん積もるのだから。しかし今日は文句なしの快晴。レイヤーに悩む…(笑)。
107a
ゲレンデトップからは海と火打~焼山が展望できる。素晴らしい♪

 雪は殆ど降ってないとのことなのでのんびり出動。ゲレンデに着くと車は10台ほど。「いつまでこのペアに乗るのかなぁ」って思いながら今日もゲレンデトップへ。快晴ということで真っ青な日本海と今期一番の純白の火打が望めた。シャルマンは頚城の山々に囲まれた絶景のゲレンデである。重倉山、大毛無山、容雅山、不動山、権現山、焼山、火打山と展望できる山を上げたらキリがないほど。今日はそれらの山が全て展望できた。コンディションはほぼ全面ピステン。春のような暖かい陽気で快適なスキーが楽しめた。
107b
笑っちゃいました…こんな遊び心は大好きだ。
107c
正面、向かいの山は大毛無山(アライマウンテン)、左は重倉山。
 帰りに事務所前にいたスタッフに「いつからクワッドは動く予定ですか?」と聞いたら「まだ分かりません」と言われた。シャルマンは特異なゲレンデだけに根強いファンが多い。そのファンのためにも今の詳細な状況をサイトにアップするべきだと思うのだが…。
 これからさらに厳しい厳冬期になり、雪の降り方も辛いものとなろう。フードのないペアだけで山頂にアクセスし続けるのは確実に客離れの原因になると思う。試しに今日、2本のペアを乗り継いでベースからトップまで掛かった時間は丁度15分だった。特大の寒気が来ようものなら…まさに地獄絵図である。

|

« シャルマン火打スキー場…3 | トップページ | シャルマン火打スキー場…5 »

ゲレンデスキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シャルマン火打スキー場…3 | トップページ | シャルマン火打スキー場…5 »