« 野沢温泉スキー場 | トップページ | 板が届くも肝心の雪が… »

2008.12.20

鹿島槍スキー場

雪が遅い。厳密に言うと寒暖の差が激しく、11月以降の雪が続かなかったのだ。時々やってくる寒気も長く続かないため、気温も余り下がらない。最も雪のあると思われる白馬でもやっぱり上部だけ。今日は初めてのゲレンデとして鹿島槍スキー場で滑った。
1219kab

ゲレンデは上部にベースがある変わったレイアウト。リフト代は2,000円と安かった。天候は快晴でゲレンデの名前とおり鹿島槍ヶ岳が燐と聳えていて山好きには堪えられないロケーションだ。オープンしているコースは2本。どちらも短く斜度も余りない。しかし、平日の割りに人が結構いてロングターンは気を使うのだ。
1219kab2
14時ころに下山してH+やらラッピーやらよっていろいろ買い物。その後長野市内にてアバランチナイトに出てから帰宅。ここ数日、どうにか気温だけは低くなってきたけど、このパターンだと雪のない正月がきそうで怖い。オープンを延期しているゲレンデが多数。ゲレンデ関係者だけでなく、一般スキーヤーにとっても深刻な状態です。

|

« 野沢温泉スキー場 | トップページ | 板が届くも肝心の雪が… »

ゲレンデスキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野沢温泉スキー場 | トップページ | 板が届くも肝心の雪が… »