« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月の記事

2008.10.27

黒部川下ノ廊下2008 その3

最終日は深夜2時30分起床。酷い雨だ。
軽く朝食を摂って撤収。暗闇と雨で散々だがやむなく出発である。
Suihei
こうして見ると本当に水平だ。黒部川からの高さが200mほどある。
道の幅は80cmほど。面白半分で計画するのは無謀である。

続きを読む "黒部川下ノ廊下2008 その3"

| | コメント (2)

2008.10.26

黒部川下ノ廊下2008 その2

何時に目が覚めたのかさえ分からない。少し寝ては目が覚めての繰り返しだった。暗闇の中、テントを撤収してロッジを4時30分スタート。ダムを通り過ぎて取り付きのトイレ前を5時過ぎに通過した。ヘッドライトを見ると2組ほどの先行者がいるようだ。
Kuro1
白竜峡を過ぎたあたり。この辺りが最も美しい渓谷だと思う

続きを読む "黒部川下ノ廊下2008 その2"

| | コメント (0)

2008.10.25

黒部川下ノ廊下2008 その1

下ノ廊下は車の回収がネック。それで長野駅までJR、そこから先は直通バスとラクなアクセスを取った♪
扇沢から16時30分発のトロリーバスに乗る。乗客は我々2人だけ。
すれ違うバスは5台とも大量の人を乗せていた。
1025ku
夕暮れ時の黒部ダムである。赤牛岳が美しい。

続きを読む "黒部川下ノ廊下2008 その1"

| | コメント (0)

2008.10.20

大毛無山

かつてないほど充実した2008年の秋山だがそろそろ終盤である。今日は近場の大毛無山に登ってきた。妙高市の大毛無山=アライマウンテンである。ご存知の方も多いとは思うが2006年の営業を最後にアライマウンテンは営業をしていない。あれから2年。感慨深いこの山に無雪期に登るのは2度目。
Oo2
山頂からリフトトップ方面を見る。良い彩でした。

続きを読む "大毛無山"

| | コメント (0)

2008.10.13

岩菅山

10月のこの3連休は日本のあらゆるリゾート観光地が人で混雑するとき。雲ひとつない快晴が期待できるとの予報に志賀高原の岩菅山を歩いてきた。
1
確かに最近は晴れ続きだった。しかしこれほどの絶景は久々である。

続きを読む "岩菅山"

| | コメント (0)

2008.10.08

火打山 錦織の絨毯2008

各地の山で秋本番を迎えつつある今、近場の火打山に行ってきた。情報では色付き良好でいつ行っても身頃とか…要するに紅葉前線は毎日約50mほど高度を下げるので今どこが色付いているか把握してから出かければいいのだ。
900
黒沢岳西面のトラバースから”小屋から焼山まで”全体が見渡せる場所がある。

続きを読む "火打山 錦織の絨毯2008"

| | コメント (2)

2008.10.03

みちのく紅葉山紀行

 みちのく紅葉巡りをしてきました。東北の山々は北アルプスのような派手さはないけど鄙びた温泉を歩きながら旅するには最高です。今回も山と温泉とグルメを満喫。日程がちょっとハードだったけど3日とも晴れて最高の山旅を楽しむことができました。Turu
やはり日本一の秘湯である。演出ではなく、あるがままの姿なのがイイ。

続きを読む "みちのく紅葉山紀行"

| | コメント (0)

2008.10.02

栗駒山

 乳頭温泉で骨抜きにされた翌朝は一路宮城と岩手の県境である須川高原へ。震災で岩手側の国道が通行止めになっているため、秋田周りで入る。目的はやはり栗駒山だ。
Kuri2
いわかがみ平まで続く紅葉の絨毯。栗駒山にハズレなしである。

続きを読む "栗駒山"

| | コメント (0)

2008.10.01

秋田駒ヶ岳

後生掛の名湯で移動の疲れを癒した我々は1日朝から岩手周りで田沢湖へ。今日は秋田駒ヶ岳登山である。8合目まで車で上がれるので短時間で山頂に立てる。意外なことに駐車場に着くと稜線直下の紅葉が見事だった。
Koma
小岳の火口丘は地球規模での感動を覚える。色付きも最高だった。

続きを読む "秋田駒ヶ岳"

| | コメント (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »