« オフならではの四方山話し | トップページ | 黒姫山 »

2008.09.08

冬の準備 その①

 夏の終わりは悪天候続きだったが9月もこの時期になると秋を感じるようになる。毎年のことだがもうこの時期からあれやこれやと滑ることを考えながら、まずは道具関係のメンテやら調達やらでいろんなカタログなどを見漁ってます。
188

 今期は板やウエア関係は去年のまま。しかしゴーグルやらヘルメットやらシールやら小物関係がやはり気になる。先シーズンは放山ツアーに2度行ったんだけど、そのうち一回はゲレンデ専用に購入したサイコ188SWで行ったのだ。
 実はゲレンデ専用と割り切っていたのでクライミングワイヤーを付けていかなった。この板、サイコのラインナップの中では何処でも滑れる万能の板という位置づけになっている。事実、整地だろうとパウダーだろうと悪雪だろうと滑るバーンを選ばないのはさすがだと思った。
 で、来期はゲレンデだけで使用するのか?って考えたら厳冬期になったらやっぱり山の中へと行くだろう…と考えて昨日白馬のラッピーでクライミングワイヤーを買ってきたのだ。ついでにH+にも立ち寄りニット帽を購入。
Cw

**********************************************************
 いろいろウエブで調べていてもこの時期はゲレンデの詳細がアップされ始める時期なのだ。9月8日現在、私の近隣でアップされているのは次の通り。

池の平スキー場(サイトはこちら):基本は先シーズンと変わらず。通常でも11月中に購入すればシーパス2万円。うまく人数を集めれば一万三千円と格安でシーズン中滑れる。去年私は会社仲間とグループで購入したのでこの価格でシーパスを購入できた。★なんかいろんな割引券がもらえたけど来期も多分もらえるはずです。

黒姫高原スノーパーク(サイトはこちら):四万円のシーパスだが11月一杯までに購入すれば三万円となる。★特典① 同伴者用リフト1日割引券(大人1,000円引き・小人500円引き)10枚進呈。特典② コスモスプラザ・前山食堂の食事・ソフトドリンク10%割引、レッスン10%割引(本人のみ)。なお、シーパス早割りは400枚限定。

班高原スキー場(サイトはこちら):通常は四万八千円が9月一杯までなら二万八千円。11月一杯までなら三万六千円。★特典ではないけどこのシーパスでそのままナイターも滑走可能。

白馬方面:八方尾根、白馬乗鞍、コルチナは値上げなしで去年同様の価格。

キューピットバレー(サイトはこちら):個人で買うと通常は三万五千円。でいろんな組み合わせがあるし施設などが充実しているのでここも候補か?バリエーションが実に豊富。サイトの内容は去年のままだけど来期もこのまま行くとの事です(電話にて確認済み)。★特典…サイトからそのまま抜粋。タイアップ各スキー場の1日券が1,000円で購入できます。
(パインリッジリソート神立・佐久スキーガーデンパラダ・立山山麓スキー場(極楽坂、らいちょうバレー)・胎内スキー場・あだたら高原スキー場)
◆キューピットバレイ直営宿泊施設料金(1泊2食)10%OFF(同伴者も割引対象となります。)
※宿泊ご予約時にシーズン券ナンバーをお伝えください。
◆雪だるま高原直営レストラン割引利用(10%OFFただし商品券利用時は、適用外)
◆雪だるま高原内ショッピングコーナー割引利用(5%OFF)
◆ゆきだるま温泉の入場料が割引利用できます。(ご本人のみ)
(温泉入場料金:通常大人650円⇒450円、小人450円⇒350円)
◆センターハウスの仮眠施設の利用料金半額(本人のみ)
※仮眠ご予約時にシーズン券ナンバーをお伝えください。

と言うことでこの時期は各ゲレンデも集客に必死なので一つのゲレンデで10回以上滑る予定があるのなら絶対にシーパスがお得。個人的には9月から少しづつだけど体力作りもやっています。山に登っているだけでは滑る体は作れないので…。

|

« オフならではの四方山話し | トップページ | 黒姫山 »

ゲレンデスキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オフならではの四方山話し | トップページ | 黒姫山 »