« 立山〈6/4〉 | トップページ | 立山〈6/15~6/16〉 »

2008.06.10

立山〈6/10〉

またしても懲りずに立山へ。先週同様浄土周辺でダラダラするには早いので3003mの雄山山頂から山崎カールへ。この時期にしては珍しく安定した高気圧のおかげで結構なパノラマに。山崎カールももう5回目だがいまだハズレなし。来週も行けるか?
Murodou
雄山山頂から見下ろした室堂平。いつになったらハイマツが出てくるのだろうか。

立山へはかなり短時間で行けるようになったしアルペンルートも私は割引で室堂往復2,100円とかつての乗鞍時代のバス代と変わらない。この時期に何を求めるかというとやはり絶対的な雪の量である。そう考えるとまだオフには入れない。
今日は基本的には快晴である。一ノ越までダラダラトラバースするが辺りを見渡すと今日も案外テレマーカーやボーダーが多い(平日の割りに)。一ノ越から御山谷を滑る3人組みを発見。距離もないし緩過ぎるのでこの時期はどうかな。私は例によって岩交じりの夏道を登る。雄山山頂からは久々の大パノラマが…。

ドロップは先週と同じ場所。ろうそく岩まではかなり急なので慎重にターンする。ろうそく岩から下は広くなるし緩くなってくるので自分のペースで滑ることができた。今日は浄土山側に滑ってみたがルートを誤ると雨による縦溝にはまり厄介なことになる。
そんな荒れた斜面を避けてブル道へ。シールをつけずに板をザックに付けてターミナルへ。これだけ山を見渡せると本当に癒される。そしてこの大量の雪をまとった立山へまだ通う価値がありそうだ。以下はレポ代わりの写真です。
Mikurigaike
みくりが池もまだ氷の中だ。
Oyama
今週も三千㍍にやってきました。
Turugi
山頂からは秀麗な剣岳と左奥に毛勝山が見えた。
Yamazakikaru
山崎カール上部からの室堂。素晴らしい光景だ。
Gps
ほぼ先週と同じルートでした。

|

« 立山〈6/4〉 | トップページ | 立山〈6/15~6/16〉 »

テレマークスキーの山旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 立山〈6/4〉 | トップページ | 立山〈6/15~6/16〉 »