« 鍋倉山 | トップページ | 白馬天狗原 »

2008.04.12

シャルマン火打スキー場〈26〉

天気は悪いが久しぶりのシャルマンである。ゲレンデまでの林道にはところどころフキノトウが咲き乱れまさに春そのものだ。着いたのが遅かったが時期的に人は多くない。土曜日なのに素晴らしいことである。
さて雪はいい感じのザラメで板は潜るものの操作性はすこぶるよろしい。急斜面のスノーマンでも恐怖感を全く感じることなく落ちることができるのだ。低気圧の影響で視界が悪く時折小雨もぱらつくと言う一見最悪のコンディションなのだが雪が良いためにそれも余り苦にならなかった。
412b

考えてみればもう4月も半ばだから今後の予定次第では今日が最後のシャルマンになる可能性もある。今期このゲレンデには大変お世話になった。コンパクトなゲレンデだがその豪快は降り方はまさに日本海側特有でディープパウダーを滑りまくりかなり美味しい思いもした。山の上なのにカニ海鮮丼やらアンコウ鍋やら食べさせてくれるレストランは斬新だった。来期の話しをする時期ではないがこのままならまたこのゲレンデをベースにしても良いかと思っている。
さてゲレンデは視界が悪いにもかかわらず良い雪のせいで15時過ぎまで滑った。ところどころクラックが入っているがいまだにほぼ前面滑走可と豊富な積雪量がこのゲレンデのキャパシティを物語っていると思う。雪はまだまだ多いので予定の5月6日までこのまま営業するのではなかろうか。良いゲレンデなので機会があれば今期まだ来てみたいと思った。

|

« 鍋倉山 | トップページ | 白馬天狗原 »

ゲレンデスキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鍋倉山 | トップページ | 白馬天狗原 »