« 大渚山 | トップページ | シャルマン火打スキー場〈25〉 »

2008.03.19

シャルマン火打スキー場〈24〉

久々のゲレンデはやはりホームであるシャルマンだった。林道の雪も随分と消えてもうスタッドレスは必要なし。駐車場に着くと車は7台。いいのか…こんなんで!
319b
こうやって見ると本当に雪が多いなぁ。

雪はもちろん春のざくざくの雪である。通称ザラメと言うがこれは固まった雪の結晶と水分とが交じり合ってできた氷の粒のような塊である。こうなると基本的に足を取られる事は少なく、快適に板を操作することができる。雪がやわらかいので抵抗も増してスピードは出ない。いわゆるテレマーク向き。

そしてこの陽気である。これこそが春スキー。だいたい3本滑ったら暑くて休憩したくなる。しかしシーズン最後に滑りをきっちりと締めるには最高のコンディションで個人的にはこの雪で仕上げた滑りが来期の初めに生かされると思っている。よって毎年ザラメになると随分とフォームも気にしてマジメに滑るのだ(笑)。
今日は内足の位置に拘って滑ったりショートターンでストックを付くタイミングを変えてみたりとバリエーション的な滑りをやってみた。広大なシャルマンのゲレンデ内にあるオフピステは入る気にもなれなかったが山滑りの練習と思って一度だけナチュールに入ってみた。ガタガタに荒らされたバーンは山ではむしろあり得ないコンディションでやっぱり上手く滑れない…て言うより快適じゃなかった。

飛ばされて後傾になってヨレヨレになってと何の練習にもならないのでやはりピステンに限る。メール→レーズンも1度だけ滑ったが基本的にはスノーマンばかり。斜度もありロングターン、ショートターンとメリハリ付けて落ちる感覚が堪らなかった。
シャルマンは雪があれば5月6日まで営業予定なので3万円で買ったシーパスは本当にお得だと思う。これから残されたシーズンは晴れたらできる限り山に入るつもりだが体調がイマイチの時や天候が怪しい時はこのシャルマンでのんびり流すのも悪くないと思いました。

|

« 大渚山 | トップページ | シャルマン火打スキー場〈25〉 »

ゲレンデスキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大渚山 | トップページ | シャルマン火打スキー場〈25〉 »