« 放山BCツアー | トップページ | シャルマン火打スキー場〈19〉 »

2008.02.18

シャルマン火打スキー場〈18〉

パウダーを求めて今日もシャルマンへ足を運んだ。昨日の無数のトラック完全に消すまでにはいかなかったが殆ど気にならないレベルだった。メインコースは綺麗にピステンが入り当然だがその上に絶妙に雪が被っている。演出できるものではないのだが最高のコンディションなのは間違いない。
600b_2

メールから滑りだすと予想通りの雪面だった。笑いが止まらないとはこの事だ。雪質・天候・平日と長いスキーシーズンでこんないい状態でテレマークできるのはそうないだろう。メールを中間部まで降りると次はレーズンだ。ここは完全フラットで斜度・長さ・幅とどれをとっても適度という言葉が一番よく当てはまる。トラックは無かったので豪快にロングターンでひたすら降りて振り返るとイイ感じのシュプールが…これがスキーをしていて最高の瞬間だと思う。

結局これと同じコースを何度も繰り返し滑って途中でボレーや飛山などのコースでメリハリをつけてみた。午後から少しガスが出てそのガスは強烈に濃いガスになったので最後に1本滑ってから終了。1月上旬からひたすらパウダーを滑り続けているが…いつまで続くだろう。日本海沿いのゲレンデと言うことを考えるとそんなこともそろそろ考える時期なのかもしれない。しかし雪が今より重くなっても荒れてきてもその雪に文句を言わずに滑りこなせるだけの技術を身に付けたいものである。

|

« 放山BCツアー | トップページ | シャルマン火打スキー場〈19〉 »

ゲレンデスキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 放山BCツアー | トップページ | シャルマン火打スキー場〈19〉 »