« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月の記事

2008.01.31

シャルマン火打スキー場〈12〉

豪雪地帯の頸城地域は一晩の積雪量が1mオーバーと言うことも充分ありえる。本当に綺麗なディープパウダーは長いスキーシーズンでもほんの1ヶ月ちょっとしか味わえない期間限定のいわゆる天然の宝物だと思う。
131b
ゲレンデ営業中にもピステンをかけに稼動していた。凄い降り方だ。
とにかく止む事のなかった雪に呆れてしまう。パウダーって最高だ。

続きを読む "シャルマン火打スキー場〈12〉"

| | コメント (0)

2008.01.30

池の平スキー場⑤

またしても平日池の平である。平日なので大勢の研修生と自衛隊…これは仕方がない。しかし今日は修学旅行なのか異様に研修生が多かった。午後一のアルペンブリック側はオレンジのウエアに埋め尽くされて威容な光景だったのだ。
130b

続きを読む "池の平スキー場⑤"

| | コメント (0)

2008.01.25

シャルマン火打スキー場〈11〉

シャルマンをベースにしつつも約2週間来ることができなかった。久々に訪れたシャルマンはここのところの爆弾低気圧のお陰もあってリフト線下にあったあのウザイ藪の大半が消えていて実に魅力ある斜面に変っていた。
125b
なんだかんだもうこのシャルマンも今期11回目か…。
5/6まで営業予定だから、このシャルマンシリーズ…多分30回はいくだろな(笑)。
写真はフード付きクワッドの裏に張ってあるゲレンデレイアウト図…手書きとはいえ実に分り易い。

続きを読む "シャルマン火打スキー場〈11〉"

| | コメント (2)

2008.01.24

池の平スキー場④

まさに爆弾低気圧だ。日本海側と太平洋側に発達した2つの低気圧はそれぞれが勢力をもち東北を中心とした日本海側に大量の雪を降らせた。
124b

続きを読む "池の平スキー場④"

| | コメント (0)

2008.01.18

池の平スキー場③

結構降ったみたいだ…そんな情報を得たのだが池の平に行ってみるとほぼ全面ピステン。天候は曇りだが時々妙高の頭だけが姿を見せては消えて…を繰り返していた。
118b

続きを読む "池の平スキー場③"

| | コメント (0)

2008.01.13

池の平スキー場②

南岸低気圧が去ったあと本格的な低気圧が日本海沿いに居座ると言う典型的な冬の気圧配置になり頸城地域にもまた新たな雪が降り積もった。比較的海に近いものの大きな山に囲まれた妙高周辺のゲレンデはこの時期に限りそれなりに雪が軽い。
113b

続きを読む "池の平スキー場②"

| | コメント (2)

2008.01.12

シャルマン火打スキー場〈10〉

世間は3連休である。で初日の今日も混雑が予想された。能生インターから県道を上がると権現荘の手前で雨がミゾレに変り10分ほど走ると完全に雪に変った。ゲレンデから見上げると良いパウダーのように見えたのだが…。
112b

続きを読む "シャルマン火打スキー場〈10〉"

| | コメント (0)

2008.01.07

シャルマン火打スキー場〈9〉

今日はどこのゲレンデも空いているのではなかろうか。連休明け1月7日のシャルマンは駐車場に車が10台ほど(笑)。いいのか…こんなんで。って滑り手側からすれば最高なんだけどね。
B2
スノーマン下部よりセンターを見下ろす。静かなシャルマンだった。

続きを読む "シャルマン火打スキー場〈9〉"

| | コメント (2)

2008.01.06

シャルマン火打スキー場〈8〉

今日は昨日同様降雪がなかったと見て最初から板をゲレンデ整地用のATを持参。世間一般の冬の大型連休も今日で最終日。それを象徴するように駐車場ももちろんコース内もガラガラの状態だった。
P1010960
人は少なくなったがコースは大荒れ…万全のコンディションで滑りたいものだ。

続きを読む "シャルマン火打スキー場〈8〉"

| | コメント (2)

2008.01.05

シャルマン火打スキー場〈7〉

年末年始の寒気も少し落ち着いたのか今日は珍しく晴れ間が見えるシャルマン火打。深い山なので下界で何も降らなくてもここは少しは降っているだろうと張り切って望んだが全く降雪がなかったようで昨日のトラックがそのまま残っている。一般コースは完全にピステンが入って連休後半のピークなのかたくさんの人で混雑しているではないか。
15b
来るたびに滑走エリアが広がっているシャルマン。

続きを読む "シャルマン火打スキー場〈7〉"

| | コメント (0)

2008.01.01

シャルマン火打スキー場〈6〉

2008年の初滑りはやはりシャルマン火打だった。30日から降り続いた雪は大晦日も降りやまず山を白く丸くしてくれた。しかし急激に降った雪が安定するまでには時間がかかる。午後からプリンセスがオープンするとの予報だったが。
11b
ノートラックの斜面にラインが刻まれる様は見ていて気持ちの良いものだ。
もっともっと積もって小さな藪木を隠して一面雪の景色が見てみたいものだ。

続きを読む "シャルマン火打スキー場〈6〉"

| | コメント (3)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »