« 雪の便り | トップページ | 冬の準備 »

2007.10.07

立山の紅葉

2℃。10月7日早朝の室堂の気温である。夏の暑さと9月後半の冷え込み、そして台風の影響が大きくない事と適度な雨が鮮やかな紅葉の条件である。もう一つ付け加えるとしたら山に入る当日が晴天である事。そんな事を祈りながら立山は室堂を目指した。
P1000965
大日連山と室堂の紅葉。素晴らしい眺めでした♪

もう20回以上立山を訪れているが過去最高の混み具合にかなり凹む。橋の手前しか駐車スペースが無い状態。ケーブルカーも1時間待ちと先が思いやられる。元来登った達成感を味わうよりも写真を撮りながらのトレッキング的要素が強い紅葉山行。晴れていれば立ち止まりカメラを構える回数も増えるわけだから当然だろう。

紅葉は室堂はほぼ見頃。弥陀ヶ原もかなり良い色になっていた。と言うことで室堂を上から眺めるために雄山山頂を目指す。全体的に綺麗な紅葉の立山だが室堂山荘裏から浄土川沿いに沿って雷鳥平まではとくに見頃である。一ノ越は夏の河童橋を思わせる人ごみ。長居は無用と山頂を目指す。雄山山頂からは数え切れないほどの名峰が360°のパノラマで見えた。見下ろせば先ほどまで居た室堂平に錦織の絨毯が敷き詰められているように見える。

1年を通して雪の全くない立山は貴重だ。明日8日は雨の予報だがなんだか雄山の稜線が白くなるような気がするのは私だけだろうか?室堂の紅葉は雪が降れば終わりを告げる。弥陀ヶ原は今月半ば辺りが見頃だろうか…。なお本日の写真(クリックで拡大)を数点下記にアップしてそれをレポとさせて頂きます。
P1000927
雄山への登り。ここも登山の対象ではないのだろう。
下界と同じ格好の人が数人いた(笑)。

P1000938
この写真の中に私の好きな山がたくさんある。
P1000984
雄山山頂から剱までの稜線である。3000mのスカイラインは空気も薄い。
P1000989
雲に包まれそうな五色ヶ原。幻想的な風景だった。
P1000970
みくりが池・みどりが池・血の池。
P1000976
天狗平の紅葉。この辺りも素晴らしい色だった。

|

« 雪の便り | トップページ | 冬の準備 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪の便り | トップページ | 冬の準備 »