« 黒部周辺テレマークツアー2007 | トップページ | 乗鞍岳 »

2007.05.04

黒部周辺テレマークツアー2007

黒部五郎小屋にて4時半に目が覚める。軽いパッキングをして食事。外に出ると空が白い。回復して良かった♪小屋に泊まった3人のうち2人は水晶まで行くと言って黒部へ降りた。5時半発。
Kurobe2
美し過ぎる!朝日を浴びたカールは幻想的な雰囲気だった。

楽なルートに悩むがまずは尾根に乗らずに緩くトラバースしてカールに入った。山頂が朝日に照らされていい感じ♪緩く緩く登りながら雷岩まで来るとその白さと空の蒼さに暫し感動。
Kurobe3
肩から水晶方面を撮った。夏道からカールへドロップしたラインも確認できるね。
何度も言うがこんなに素晴らしい山は他に無いと思う。夏道の取り付きまで来たのでザックを下してアイゼン装着。短いが急な登りだ。稜線は強風で飛ばされそうなほど。肩でザックをデポするのだがザックも飛ばされそうなので木の根っこが出ていたのでガッチリと止めた。カメラだけ持って山頂へ。
Kurobe4
まさにフォールラインに落ちる感覚のウマ沢。フラットな1枚バーンだ。
昨夜の雪が少し被ってはいるがほぼ氷化した雪面はグリップが良く噛んで快適だった。黒部五郎の山頂からはまず天を突く笠ヶ岳が目立つ。たった一人…風は強かったが2840mの山頂は居心地が最高に良かった。そう…またこの山に登れたのだ。さて下山である。多くのライダーが絶賛したウマ沢、そして北ノ俣東面・西面の詳細はレポで書きます。北ノ俣では金沢のあの人とも会えました。
帰りも寺地の小屋で水を頂き15時半にトンネル着。1泊で慌ただしい日程だったが見方を変えれば無駄が一切なく中身のギュッと詰まった濃いツアーだった。
Kurobe7
北ノ俣では金沢のH氏2人と遭遇。11時なのにこれから新穂高を目指すと言っていた。
2人とも凄いオーラが出ていたのが印象的。

|

« 黒部周辺テレマークツアー2007 | トップページ | 乗鞍岳 »

テレマークスキーの山旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黒部周辺テレマークツアー2007 | トップページ | 乗鞍岳 »