« 乗鞍高原スキー場 | トップページ | 乗鞍高原スキー場 »

2007.03.20

異常気象

この冬は過去に例をみない暖冬・小雪で残雪期のスキーシーズンも確実に例年より1ヶ月は短くなるだろう…と覚悟していた。しかし3月に入ってから厳冬期並みに冷え込む日が続き日本海側では今頃になってドカ雪が降り積もる始末。皮肉にも雪不足で閉鎖していたゲレンデが息を吹き返し再び営業を開始したところもあると聞く。
Arai11
来期はオープン確定との噂があるアライマウンテン。
ここだけは他のどんなゲレンデとも違う…今でもそんな思いが強く残るのだ。

雪が降ること自体は大変嬉しいのだが手放しで喜んでいいものだろうか…。あれだけ長い期間固められた層の上に新しい雪がこれだけ大量に降ると決まって起るのが雪崩である。
やがてゲレンデスキーが終わり、フィールドに出る日が多くなるのだが沢沿いも含めて表層で崩れてくる事を警戒しなければいけない。

私は元来3月は余り好きではない。雪質といい天候といい雪崩のリスクといい全てにおいて読みにくいからである。毎年4月の半ばにはザラメっぽくなる山の雪も今年は春先の降雪でずれるかもしれない。特に4月はツアーのシーズンである。毎年計画だけで終わる山がたくさんあるけど…春に滑りたい山は以下の通り。
◆鳥海山…何度も麓まで行っているしこんなに雄大な山はないと思っている。是非滑りたい…しかし遠い。
◆白馬鑓ヶ岳…アルペンで1度行っているがテントを持参してゆっくりとしたい。温泉も魅力。
◆立山川…立山はアルペンルートで上がって同ルートで降りると言うのが決まりになっていたが今年こそはこのルートで下山したいものだ。中京圏の人間には馴染みの浅い御前谷も滑ってみたい。

去年はやたら乗鞍が多くなったが今年は乗鞍が始る前に幾つかの山に入ってみたいと思っています。
まだテレマークが上手くないので自分の技量に応じた山選びが大事ですな。
この厳冬期は本当にファットいらずの不思議なシーズンだった。と言うことでタイトルは異常気象だがなんだかんだ先の事を考えると今回の大きな寒気のお陰でちょっと助かったぁって言うのが本音かな。

|

« 乗鞍高原スキー場 | トップページ | 乗鞍高原スキー場 »

ゲレンデスキー」カテゴリの記事

コメント

こんばんは(^-^)/「がっつくなら アライでっ!」 keiさんの話を聞いてるだけで、もうアライが頭から...今期は本当に、異常気象でしたね。 新潟に行っても、雪はなし! 八甲田に行っても雪はなし! 意外に近場で喰えた(-"-;)今期。四駆にも、数回しかいれず、山にいける始末。 ノーマルタイヤでも越せたかな? アライへの準備は、万全! あとは自分自身の、ターボエンジンと、強化クーリングシステムを装着せねばっ!毎週のテレ三昧で、顔がオセロ(*u_u)日焼け止め買いにいってきます。
週末は大荒れか~

投稿: Taro | 2007.03.20 19:15

準備万全って来年の正月の話しなのに(笑)。
上の写真にあるようにとにかくバーンがデカイ!!難しい。
taro君はマジでファン付きのゴーグルいるね。

今期は厳冬期に全く雪がなくこの時期に一気に増えた。
本当に異常気象と言えるかもしれないけど立山が現在6m10cm…例年より多いみたいよ。
明日から暖かくなって週末は荒れるみたいだね。ゲレンデで流すのが無難かなぁ。

投稿: kei | 2007.03.20 22:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 乗鞍高原スキー場 | トップページ | 乗鞍高原スキー場 »