« 2007年2月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年3月の記事

2007.03.31

乗鞍高原スキー場

本当に良く眠れた。外は曇り。高い雲なのですぐに降り出すことはなさそう。でも多分降るだろうなぁ。準備をして流す。T橋名人と会うのも今期最後。挨拶を交わして鳥居尾根へ。
No0331a
最後に本当に良い雪を有難う…今期ここでの滑走日数は16日でした。

続きを読む "乗鞍高原スキー場"

| | コメント (0)

2007.03.30

白馬八方尾根スキー場

上越の湯から外へ出ると無残にも雨。それもかなり強い降り方で山はおろかゲレンデさえも滑れない状況。ったくついてないな。どうしようかと思案に暮れていたら銀色のシーズン撮影スタッフから電話が…。
Ha1
白馬も雨で悲惨だ。どのゲレンデも麓に雪はない。

続きを読む "白馬八方尾根スキー場"

| | コメント (0)

2007.03.29

白馬コルチナスキー場

昨夜遅い時間に白馬に着いた。平日だからか?妙に静かな白馬。道の駅にて夜を明かす。そもそも今回は4連休と言うことで頸城の山を滑る予定だったのだが予報を確認すると悲惨な状況に。一体どうすればいいのだろうか…。
Ko2
豪華ホテルにパウダーゲレンデ…なんだかアライに通じるものがあるなぁ。

続きを読む "白馬コルチナスキー場"

| | コメント (0)

2007.03.24

乗鞍高原スキー場

今期乗鞍高原スキー場をベースとしてテレマークスキーをやってきたがおそらく今日が最後になると思われる。予報では週末大荒れ。南風が吹いて気温が上がり山も雨だとか…。事実朝から乗鞍らしからぬ暖かさでなんだか異様だった。
Norikura0324

続きを読む "乗鞍高原スキー場"

| | コメント (6)

2007.03.20

異常気象

この冬は過去に例をみない暖冬・小雪で残雪期のスキーシーズンも確実に例年より1ヶ月は短くなるだろう…と覚悟していた。しかし3月に入ってから厳冬期並みに冷え込む日が続き日本海側では今頃になってドカ雪が降り積もる始末。皮肉にも雪不足で閉鎖していたゲレンデが息を吹き返し再び営業を開始したところもあると聞く。
Arai11
来期はオープン確定との噂があるアライマウンテン。
ここだけは他のどんなゲレンデとも違う…今でもそんな思いが強く残るのだ。

続きを読む "異常気象"

| | コメント (2)

2007.03.17

乗鞍高原スキー場

雲ひとつない素晴らしい快晴である。定番通りまずは鳥居尾根から…。すでにレーサー系の人がかっ飛ばしているがその合間を縫ってチマチマと滑る。冷え込みは強烈でマイナス15℃いってるかもしれないなぁ。
N0317
整地天国だったこの日の乗鞍は基礎スキーのスクールで賑わっていた。

続きを読む "乗鞍高原スキー場"

| | コメント (0)

2007.03.16

乗鞍高原スキー場

久し振りの平日スキーである。乗鞍は週末でも酷い混雑にはならないゲレンデだがそれでもかもしかゲレンデ辺りでは1~2分のリフト待ちがある。今日滑ってみて平日ってこんなに空いてるんだ…と改めて実感。
N0316
夕暮れ時に道路から見上げた乗鞍は神々しいまでに綺麗だった。

続きを読む "乗鞍高原スキー場"

| | コメント (0)

2007.03.11

乗鞍高原スキー場

夜半から降りだした雪はおよそ3月とは思えない降り方に変りこの乗鞍を別世界へと変えてくれた。
車の上に20cmほど。もうこの時点でゲレンデコンディションは確定した。
N0311a
サイコ∞で粉雪を蹴散らすキヨスさん。

続きを読む "乗鞍高原スキー場"

| | コメント (4)

2007.03.10

白馬乗鞍岳

実は今日、違う山に登る予定だったのだが雪がないので急遽栂池に来た。今日はテレ友のakitaさんが白馬乗鞍ツアーに来るとの事。ならばどこかで逢えるかもしれない。
Hakunori0310a

続きを読む "白馬乗鞍岳"

| | コメント (2)

2007.03.04

乗鞍高原スキー場

昨日の焼岳も気温が高めだったが今日の乗鞍はより高い。朝から手袋なしで歩けるほどヌクヌクだった。taro君、tafuji君、キヨスさん、soekaさんとメンバーが集まり私以外は全員位ヶ原にツアーへ行く事になった。
Nori0304
営業終了するゲレンデが多い中でこれでもここは雪が多いほうだと思う。

続きを読む "乗鞍高原スキー場"

| | コメント (0)

2007.03.03

焼岳

何度も計画しては流れた雪の焼岳を訪れた。下掘沢はメジャーなルートだが雪崩の危険もある大きなカール状の沢。今回は早朝中ノ湯を出発してデブリだらけの林道を詰めた。尾根から稜線に上がると雄大な穂高と目的の焼岳が…。
結果的にはよりフラットでフォールラインに落ちることができる南の斜面を滑った。実に苦しくも有意義なツアーで久々に手ごたえのあるツアーだった。雪は明らかに少なく地形丸出し。藪多し。だから来期雪が豊富な時期にまた訪れたい山である。レポはこちらより。
Yakedake0303
この斜面感動です。滑降高度感、フラット感、斜度と文句なしのバーンだった。

| | コメント (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年5月 »