« 乗鞍高原スキー場 | トップページ | 十石山 »

2007.02.04

御在所スキー場

南北に長い三重県は南の端にあたる紀東と北の端にあたる北勢地域とでは同じ県とは思えないほど気候が違う。山と海に恵まれた三重県だが一部の山域を除いて積雪量は少なく、そのためにスキー場として営業しているゲレンデはひとつしかない。

鈴鹿山脈の主峰である御在所岳を知らない人でも岩登りをやる人には藤内壁と言えば分るだろう。その御在所岳…東の伊勢湾方面から見ると白い岩と森に覆われた尖った山頂部に建造物(ロープウェイ山頂駅)だけが目立つ。そう…この山は立派な山なのだが紛れも無い観光地なのだ。電車・バス・ロープウェイ・観光リフトを使い殆ど歩くことなく1212mの一等三角点に立つ事ができるのだ。
Go1
初心者ゲレンデ上部よりゲレンデ全景を望む。
真正面が中級者ゲレンデでその奥に御在所岳山頂がある。

山頂部は麓から見た印象と違い東西に長い。非常に長く広大な山頂部にロープウェイの駅、レストラン、かもしかセンター(今は撤去済み)、スキー場などが立ち並ぶ。イメージとしては関東の筑波山が近いかもしれない。
そんな三重県人に馴染みの深い山だけに私などはもう何十回として山頂に立った思い出深い山なのだ。

しかし…スキーの対象としてみた場合何故だかここだけは訪れる気になれなかったのだ。もちろんゲレンデレイアウトは分っていたし知人でここを滑った人もいたから話しには聞いていた。
食べず嫌いと言ってしまえばそれまでだが一度は滑るべきゲレンデ。今更ながらだが今日行って滑ってきた。前置きが異様に長くなってしまったが(笑)以下はその感想である。

まず料金に関しては直前まで二転三転しながら変更があった。最終的に12,000円の年間パスポートで駐車料金+ロープウェイ+リフト代を全て優待されるハズだったのだが直前に御在所のサイトを見ると…なんとリフト代は別になっているではないか!
余りにも短期間にいろいろ変更してくれるので買う予定だったパスポートも買わなかった次第。リフト代が別なら年間パスポートを買う理由なんてないからだ。行ったとしても1シーズンに2回だろう。駐車料金が800円。ロープウェイ往復が2,100円(JAFなどの指定カードを出すことにより1割引になる)リフト代は1回200円、回数券が6回分で1,000円、1日券2,000円だ。

ひとりで単純に行って1日滑ったとすると4,690円となる。1日券自体はリーズナブルな設定だとしてもロープウェイ代と駐車料金は確実に観光客相手の商売をしているし、やはりシーズン直前までパスポート料金などを何度も変えたロープウェイ側の運営方法にいいイメージはない。
とは言え自宅から至近距離のゲレンデとして時間の取れない週末などに利用する価値はある。
Go2
何度も言うがゲレンデ自体は悪くない。ロープウェイが絡むからややこしくなるのだ。
肝心のゲレンデだが初心者ゲレンデと中級者ゲレンデ2面が向き合う形で構成されている。リフトはそれぞれが1本づつ。コース自体は非常に短く長い方のコースでさえたった250mだ。
初心者ゲレンデは斜度がなく浅回りしかできない。一方の中級者ゲレンデはほどほどの良い斜面だ。休憩室やトイレ、レンタル、スキースクールなども普通に完備しているので何ひとつとして困ることなどない。
Go3
御在所名物の氷ばく。近くで見ると蒼い氷が芸術的♪
私は今回カメラと携帯だけウエアに入れてほぼ手ぶら状態で上がったが殆どの人がザックを背負っていた。自販機が少ないので飲み物などは持参した方がいいかもしれない。ピステンも掛けられているしコースが短いのを除けば全く普通に滑れるゲレンデだ。ボードは滑走禁止です。
ちなみに来週も行く可能性有り!朝8時に自宅を出ても一番のロープウェイに乗れるのだからやはり忙しい時の隠し玉として重宝するかもしれないなぁ。

|

« 乗鞍高原スキー場 | トップページ | 十石山 »

ゲレンデスキー」カテゴリの記事

コメント

ついに御在所へ行かれましたか。2年前に初めて滑ってみて意外にも雪質の良さにびっくりしたことあります。昨日まで行ってきた八甲田よりもぐんと良かったぞ!(^_^;)。遠い八甲田も良いし、近い御在所も良いですね。八甲田は、八甲田温泉ルートが最高に面白かったです。

投稿: 秋田 | 2007.02.07 00:55

秋田さん、お帰りなさい。
taro君から何度もメールを貰ってましたが、目まぐるしく天候が変ったそうですね。
私も半日ツアーでは温泉が一番面白いと思います。

八甲田は人気あり過ぎて当たりハズレが大きいですからね。
とにかく怪我なく楽しめたようでなによりです(=^_^=)

投稿: kei | 2007.02.07 07:21

まるで八甲田に春スキーへ行ったようなものでしたが、それでも余りある楽しみが得られました。あれで粉雪だったら気が狂うことでしょう。しかし、こちらがこれだけ暖かくても北斜面には気持ちの良い粉雪(多少重め)が残っているあたり、恐るべし八甲田かな。
へとへとになるぐらい滑りたい性分の自分としてはちょっとお気楽要素の強いツアーでしたが、テレマークでのオフピステ経験が少ない僕にはちょうど良かったかもしれません。滑ってきたから言えることだけど、やはり自分で登って滑り降りるのが一番やね。八甲田に一ヶ月ぐらい滞在してあちらこちら歩き回りたい衝動にかられました。白馬移住希望でしたが、東北もいいさね~(*^_^*)

投稿: 秋田 | 2007.02.07 12:54

八甲田は非常に大きな山で斜面の向きや時間帯によって雪質がかなり違いますね。
私は八甲田に行くといつも酸ヶ湯に泊まります。
八甲田の大自然と温泉、そして津軽の旨いもの全てセットで楽しみますから(^^v
一度雨でツアーが中止になった時も高田大岳の近くにある谷地温泉までバスで遊びに行ったくらい。

八甲田=パウダーと思っている方が多くいますが個人的には春こそ八甲田らしさが味わえると思っています。
環状線が除雪されると高田の裏までツアーでいけるんですよ。
大きな山だからこそ…短いルートではもったいない。
そう思いませんか?
オススメはズバリ赤倉から箒場岱ルートです。

投稿: kei | 2007.02.07 22:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 乗鞍高原スキー場 | トップページ | 十石山 »