« 乗鞍高原スキー場 | トップページ | 焼岳 »

2007.02.25

乗鞍高原スキー場

ゲレンデから乗鞍最高峰の剣ヶ峰がはっきりと見える。今日は予報通り快晴のようだ。昨日と同じく迷わずに鳥居尾根へ。
全く昨日と同じようなカービング日和。スピードに乗ったキレのある滑りを繰り返す。
しかし滑りが雑にならないようにターン前半のエッジの切り替えしがスムーズになるように集中して滑った。
Nori0225a
多くは語るまい…この写真からコンディションは察しがつくだろう…。

月末の日曜日だからか昨日より人が多い。5本滑ってかもしかへ移動。ここはまだ人が少なかったので快適に滑る事ができた。降雪機の雪が固い斜面の上に被ってターンのたびに雪煙が高く舞い上がる。
幅があるので人が増えてもそれなりに滑れるのだが遅いペアリフトのせいでリフト待ち2分ほど。2分ならいいほうだろうが早い昼食も兼ねて車に戻ることにした。ずーっと快晴で位ヶ原へはかなり登ったみたいだ。
Nori0225b
ピステンの入ったかもしかは結構なハードバーンだ。
しかしフラットで広いのでそれなりに滑れる。

午後は細板・革靴で遊ぶことにする。国設と乗鞍ゲレンデを繋ぐクワッド間で滑るつもりでリフトに乗ったが結局休暇村方面へ行く。
プラブーツでは安心できる緩斜面でも革靴では油断ならない(笑)。いつ何時でも緊張感が張り詰めてそのどうにもならない緩さが堪らないのだ。板はSt.イライアスのステップソール。軽快感と歩きやすさ優先で3ピンにした。少々の坂なら登れるので春のなだらかなツアーに最適。
ゲレンデ内を少し登ってみたり滑ってみたりして14時半に撤収。
Nori0225cc_1
ブーツの圧に頼れないため、リフトから降りる時も妙に緊張する。
そしてその緊張感が何故か堪らないのだ(笑)。

暖冬・小雪…もう聞きたくないだろうが付近の山の雪はかなり融けた。豪雪地帯の北信地域のゲレンデではもう営業を終えたゲレンデもあると聞く。
そう…もう季節は完全に春なのだ。スノースポーツは雪が無ければ始らない。
自然相手のスポーツなのでこれ以上ゲレンデに何かを期待するのではなく山と言うフィールドに出てテレマークを楽しみたいもの。
急斜面・パウダー・カービングに何か物足らないものを感じたら軽快なステップソールに革靴のコンビネーションはいかがだろう。
小さなザックに弁当とお茶だけ詰めて一の瀬あたりを歩くだけでもきっと充実した1日になるのではなかろうか…。

|

« 乗鞍高原スキー場 | トップページ | 焼岳 »

ゲレンデスキー」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
今シーズンもバリバリ滑ってますね~。
今年は暖冬で雪が心配されたけど、やはりある所にはあるんですよね(笑)。
この冬は御在所にSシューを履いて行きたかったけど、訳あってお預け・・。
楽しみは残しておく事に(苦笑)。

投稿: makoto | 2007.02.27 20:41

makotoさん、お久し振りです。
一応滑ってはいますが例年に比べると随分と地味ですよ。
過去に例のない暖冬で参っています。

投稿: kei | 2007.02.28 23:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 乗鞍高原スキー場 | トップページ | 焼岳 »