« 乗鞍高原スキー場 | トップページ | 乗鞍高原スキー場 »

2007.02.24

乗鞍高原スキー場

この時期になると冬と春が同居したような気候になりある時は暖かく、ある時は雪が降り酷く冷え込む事もある。乗鞍は内陸の高地なので基本的に非常に冷え込む。この週末も厳冬期並みに冷え込み軽い粉雪がまるでデコレーションケーキの上にまぶしてある粉砂糖のように被っていた。
Nori0224
鳥居尾根は高度感が凄い。

予報では強風となっていたが風は殆ど気にならない。ここのところまともに整地を滑っていないのでストレスも溜まりがち。細かい雪がゆっくりと舞い落ちるゲレンデに出て、まずは斜度のある鳥居尾根を目指す。浅いコブのイメージがある鳥居尾根だが丁寧なピステンで信じられないほどフラットな斜面になっていた。

朝一なので誰もいない。贅沢に尾根の端から端まで使って高速でロングターンをしながら落ちる。エッジに乗り後ろ足の小指まで雪面の圧を感じられる感動のコンディションだった。人が少ないので繰り返し滑ることにする…て言うか他の斜面へ行く理由がなかった…素晴らしい♪
結局病みつきになりそのままノンストップで鳥居尾根7本。アルペンのレーサーが殺人的なスピードで降りるのに恐怖を感じて次なるステージのかもしかへ移動だ。
ここも人が余りいない。メインバーンはピステンでコブがつぶしてありベーシックなトレーニングをするにはこれ以上ないコンディション。ここも同じバーンを繰り返し滑る。ターン初期の体重の乗せ方や深回りを意識した。斜滑降で踏みどころの調整をしたりジャンプターンで急斜面ショートターンの練習。

ひたすら滑り込む。昼は休暇村のワンコインレストハウスで食べたあと、一度車に戻りフッ素ワックスを塗りなおし。暫し休憩してから再びかもしかへ戻り同じことの繰り返しだ。
いい加減滑って自己満足したので撤収。滑り過ぎて足がパンパンだ(笑)。

温泉に浸かってから松本まで降りる。
ブンリンで注文してあった革靴と板を受け取って暫し談笑。
カービングやパウダーだけがテレマークの楽しみ方ではない。この春からネイチャー系の細革にもチャレンジしてみようかと…。
きっかけは去年、Sarcのルーツロックキャンプに出てから…こういうのもいいなぁって思っていたので…手に入れた満足感は非常に高く春先の遊び道具がまた増えた。

夜の乗鞍は昨夜以上に冷え込んだ。明日は晴れの予報。
雪が緩めば午後から細革で遊べるかもしれない。

|

« 乗鞍高原スキー場 | トップページ | 乗鞍高原スキー場 »

ゲレンデスキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 乗鞍高原スキー場 | トップページ | 乗鞍高原スキー場 »