« 妙高へ… | トップページ | シャルマン火打スキー場 »

2006.12.29

関温泉スキー場

昨日の大雪に助けられた感のある妙高のゲレンデだがランドマークを出て朝8時半頃に関温泉に着いた。駐車場からゲレンデに向う途中で久我君に声を掛けられた。なんでも「昨日の降雪がなければ講習自体をお断りするつもりでした。まとまって積もったので助かってます」との事。それほど深刻な雪不足でリフトに乗っても途中で板を外さなければベースに降りられなかったらしい。
Seki1229a
関の一番の売りはやはりパウダーである。
こんなディープパウダー久し振りでなんだか嬉しい♪

さて修学旅行生で賑わう関だが降ったとはいえ雪が少ないのは事実。リフト乗り場は段差になっているため、カニ歩きで登らなければリフトに乗車できないのだ。不便だが仕方ない。Sarc事務所内でワックスを剥がして講習まで30分ほど時間があったので1本だけ滑ることにする。周囲を見渡すと凄いパウダーで腰まで埋まって雄叫びをあげるボーダー多数。

10時からの講習(オンピステ)については以下の通り。
・ポジションの確認
・踏みどころの確認
・リカバリー対策で内足ターンの練習
・外向傾の取り方とストックワーク
とかなりベーシックなものに終始した。その後にせっかくのパウダーだからゲレンデ内オフピステの講習になった。第3リフトはまだ動いていなかったので廊下周辺のエリアでパウダー講習。雪面を見てすぐにライン取り決める事とやはりリカバリーだ。私はパウダーの中で動きすぎだと注意された。

その後、第3リフトが動きだしたので上部から急斜面の練習。もちろんディープパウダーである。ここで私は転びまくり。妙高1の斜度は伊達ではなく、ドロップポイントから下が見えない。ここでもやはり無理に板を回さない事を指摘される。縦に落ちるように指示されるがこの斜面で縦に落ちるのは相当勇気がいるゾ(笑)。
Seki1229k
Sarc代表の久我君です。凄い滑りを見せてくれます。
斜面に無数のシュプールが入り、かなり荒れてきたのでまた整地レッスンに。コブにも対応できる伸び上がりと抱かえ込みの練習とその後にビデオレッスンだ。
ビデオレッスンはSarcの売りで自分の滑りを客観的に見れるのとターンのどの部分で弱点が見られるのかを分りやすく説明してくれるのだ。

ロングターン、ショートターン、総合滑降、パウダーランとリフト2本分撮影してもらい事務所へ。ちなみに久我君はビデオを片手に持って滑っているのでパウダーでもハンズフリーだ。凄すぎる。
撮影してもらったビデオを見ながらストックワークなどの細かい指摘を受ける。会うたびに上達していると言ってくれたので嬉しかった(本当だろうか?)。

講習で習った事を思い出しながらラストまで滑ってゲレンデを後にした。今日もかなりの雪が降ったので明日はパウダーで有名なシャルマンへ行く予定。そこでベースを妙高から上越に移す。”上越の湯”は仮眠施設の整った日帰り温泉だ。標高の低い上越でもかなりの降り方だった。
明日は私にとって初シャルマン…今日のようにパウダーが期待できるのだろうか。

|

« 妙高へ… | トップページ | シャルマン火打スキー場 »

ゲレンデスキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 妙高へ… | トップページ | シャルマン火打スキー場 »