« JSBCスノーリゾートフェア冬博 | トップページ | ようやく冬の準備 »

2006.12.09

ダイナランド

毎年雪の少ないこの時期は格安のスキーツアーがあるため、パンフを眺めては予定を立てていたのだが今回はダイナランドに行くことに…。奥美濃では古い歴史のあるゲレンデなのだが、その昔まだ東海北陸道ができていなかった頃、ここ高鷲は飛騨高山同様まさに”陸の孤島”だった。
高速の開通と近年の2車線化、さらにはボードの定着により確実に中京及び関西の固定客を得たかのように思える。事実今日のダイナも9割以上がボーダーだった。
D3
天候の悪い日でも仲間に恵まれればモチベーションは上がるものなのだ。

今回は四日市駅からバスが出て名古屋駅経由乗り換えなしで4,900円と格安のツアー。もちろん1日リフト券付きである。
メールをしたらtaro君が合流してくれると言う。結果的にゲレンデは雨だった。私は元来雨のゲレンデには行かないのだが例え数本でも滑れたら…そんな軽い気持ちとツアーを予約してあったので行ったというわけ。一人なら3本も滑らなかっただろうこの悪天候時に10本近く滑れたのはやはりテレ友がいてくれた強みである。

風もなくガスが時折視界を遮るような日だったが土日限定で稼動するαライナーで滑走距離は2500mに。上部はブッシュが出ているものの幅は充分でセミロングターンも可能。雪も固いところがあったが快適にカービングができてそれなりにテレマークターンができた。
しかも相手がtaro君とあり、こちらもポジションの確認などシーズン初期にやっておくべき事が多い時期にお手本となる滑りを拝見できて最高だった。

昼休憩や雨での待機時間は正月の予定を話しあったり春のツアーの予定を話しあったりで無駄な時間は一切なかった。
午後2時までという時間限定稼動のαライナーが2時以降の客足を遠のかせたのは言うまでもなくセンターハウス内でのテレ談義は熱過ぎた。結果4時半ころにtaro君はダイナを後に…私は5時半前にバスが出た。
価格、内容ともにやっぱりこの時期のバスツアーは最高である。来週辺りにタイヤを交換して再来週からはいよいよ本拠地へ乗り込む予定である。
年末に向けて本格始動した07シーズン…今回も何度か転倒したけどやっぱりテレマークって楽しいわ♪

|

« JSBCスノーリゾートフェア冬博 | トップページ | ようやく冬の準備 »

ゲレンデスキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JSBCスノーリゾートフェア冬博 | トップページ | ようやく冬の準備 »