« 関温泉スキー場 | トップページ | 乗鞍高原スキー場 »

2006.12.30

シャルマン火打スキー場

日本有数の豪雪地帯である新潟県では一晩で1mオーバーなんて積雪も珍しくはない。
その豊富な雪をそのままディープパウダーとして我々に提供しているゲレンデも多数あるのだがその代表が関温泉スキー場とシャルマン火打スキー場である。
C1230
それなりに楽しめたシャルマン火打。しかし雪が少なかったのも事実。
次回はこの木々が隠れる頃に訪れたいものだ。

巨大な山ひとつがそのままオフピステと言うアライマウンテンは経営破綻で今期営業しないのは周知の事実。先シーズンはアライのシーズンパスを持っていたから他のゲレンデに行く機会も余りなかったのだが…。雪の少ない今期、運の良いことにここ3日ほどまとまって降ったようなので今こそシャルマンとばかりに訪れた。私のテレ友でここを絶賛する人が何人かいるのでいろいろアドバイスも貰っていた。

しかし昨日の関同様、降ったとは言え元々の積雪量が例年より少なく、まだ時期も年末なので雰囲気だけでも楽しめれば…そんな気持ちで国道8号を西に走りトンネルを抜けると雨が雪に変った。右手に見える日本海の荒波が感動もの。車まで持っていかれるんじゃないだろうか…と不安になるほどの波だった。

シャルマンはベースを中心に扇形にひろがるゲレンデ。メインは山頂まで延びるクワッドリフトである。まずはこれに乗車。コース整備が整った所からオープンするようだがまずはスノーマン上部を滑りメールに合流。圧雪斜面に入ってもかなりフカフカだ。
もっと雪があれば樹林の中にも入っていけるのだろうが今の積雪量ではそれは無理。オフピステに入ると膝上くらいのパウダー。新しいギアサイコATはワールドピステとほぼ同じディメンジョンながらそれなりにゲレンデパウダーなら楽しめる。

どこでも同じだがまとまって降ればパウダーフリークが大挙して押し寄せる。ここも同じでファットスキー多数。コースレイアウトや地形を知らない私は不利で効率よく回せない。仕方ないのだが開いているコースを滑るしかない。規制ロープや標識なども少なく感じたが何処まで入ってよいものか…。
時折無理矢理樹林帯に入るが板を木にぶつけたり肩がぶつかったりでロクな事はない。やはりもっと降ってからでないとここの本当の魅力は分らないな。

昼過ぎには荒れたコブ状になり私の技術では太刀打ちできない状態になる。それでも粘ってちょっとしたパウダーを探しては滑っていたが足も疲れてきたので終了。
経験から新潟は3月に入ると急に重い雪に変るので2月中の全面真っ白藪なし状態の時に再訪したいゲレンデだ。ここを訪れるリピーターの気持ちはなんとなくだが分った気がする。

さて上越に戻る。富寿司でささやかな贅沢をしたあと上越の湯へ。居心地最高である。明日からはパウダーが期待できないのでそろそろホームの乗鞍へ移動だ。
乗鞍の雪情報は昨日キヨスさんから入手済み。とりあえず鳥居尾根以外全面滑れるようだ。

|

« 関温泉スキー場 | トップページ | 乗鞍高原スキー場 »

ゲレンデスキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 関温泉スキー場 | トップページ | 乗鞍高原スキー場 »