« ウイングヒルズ白鳥リゾート | トップページ | 入道ヶ岳 »

2006.11.03

御在所岳

御在所岳は鈴鹿を代表する山でロープウェイで気軽に登れる山。麓から登る場合ルートはたくさんある。今回は祝日と言うことで主要ルートの混雑を避けるために少しだけバリエーションっぽい本谷を登ることにした。
Gozaisyo
御在所スキー場は三重県唯一のスキー場なのだ。

御在所山の家の裏から取り付き、谷沿いを登る。最初はペンキ印もあるのだがやがてそれらのマークも消える。谷を忠実に詰めるのだがどこをどう歩いても問題はない。しかし途中で何箇所か登っては戻りを繰り返す所もあった。少し危険な場所もあったけど短時間で大黒岩まで到着。山上公園に出ると凄い人!覚悟はしていたがこのギャップは何なんだ(◎◎;)

天気も良く時間もあるので御岳神社方面まで足を伸ばす。三角点は座る場所もなし。
今年は勤務の関係でこの御在所スキー場にも来る可能性があるのでしっかり下見してきた。
今まで見向きもしなかったけど短い割りに楽しめそうな感じかな。なにしろ自宅からロープウェイ乗り場まで20分ちょっと…文句は言えまい(笑)。

下山は裏道。国見峠から下ると藤内壁にへばりつくクライマー数人を見物。最後までスカイラインに出る事なく中道に合流して希望荘で汗を流した。しかし13時過ぎても登ってくる人がいたけど何考えてるのか…帰りをロープウェイに頼るにしても遅くないか?いろんな意味で祝日らしい御在所でした…。

|

« ウイングヒルズ白鳥リゾート | トップページ | 入道ヶ岳 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

御在所岳スキー場懐かしいです。
2年前、モンベルが主催した「テレマーク講習会」に初めて参加したの
がここでした。そう、僕のテレマークデビューの地。
スキー場真ん中へんの左側、緑色の掘っ立て小屋風の建物があるでし
ょ。あそこまで何度も何度も歩かされては滑り降りる練習をしたのです
が、あの斜面でも当時は怖くてこわくて…
今見れば、ただの平坦地じゃんねぇ。
初心忘れず謙虚に励みます!

投稿: 秋田 | 2006.11.14 19:33

こんばんわ。
そう言えばモンベルが講習会やってましたね。
御在所でデビューですか…勝手知ったる山なんですがスキーとして意識した事はありませんでした。

今期は何度か行く事になりそうです(^^v

投稿: kei | 2006.11.14 22:10

ということは、Keiさんのことだから板をくくりつけたザックを背負い、裏道あたりを登ってゲレンデ通いですか?。せっかく近くにあるゲレンデをトレーニングに最大利用しようって魂胆があるような・・・

投稿: 秋田 | 2006.11.15 12:20

(-^〇^-) ハハハハ…まさか。純粋に滑りたいだけですよ。
それに鈴鹿スカイラインは鳥居道キャンプ場の上からは冬季通行止めになりすから。

観光客相手なので結構高く、通常はロープウェイ代、リフト代、駐車場代入れると約五千円かかるんですが、それら全てがタダになるシーズンパスポートが一万円で売っているんです。安いでしょ。
ちなみに1年間有効なので夏や秋でも乗れます。
2回滑ったら元が取れるので結構人気あるみたいですよ。

投稿: kei | 2006.11.15 23:37

Keiさんのように地元に住む方にとってはおいしい話ですね。
御在所の雪って、いい時に行けば雪質いいですし、一度西側ゲレンデも滑ってみたいです。講習会の時は西側が閉鎖でした。
でもって調べてみたら、12月よりパスポート料金が1万5千円に値上がりしてしまうんですね。

投稿: 秋田 | 2006.11.16 18:11

そうなんです。割りに合わないのか値上げするんですよ。
なにしろ2回行ったら元が取れるチケットですから…。
近いうちに購入予定ですが、やはり近いっちゅうのはいいもんですよね。
一応圧雪車やスキースクールもあるみたいですね。

投稿: kei | 2006.11.16 23:08

結局登録費込みで一万二千円に落ち着いたようですね。
千円の違いならいつ買ってもいいかって感じです。
ていうか11月はロープウェイ乗り場に行ってる暇もないし…(笑)。

投稿: kei | 2006.11.23 00:42

僕の場合、どう考えても1シーズンに行って2回でしょうね。
ホント、微妙な価格設定だこと。
微妙だという点では、ワタシ、来年に入ると同時に還暦まであと10年という年齢に達します。で、マイアとかチャオなんかだと、もうその年齢からシニア料金なんですよね。さぁ、シニアのシーズン券にすべきか、一回ごと2500円のリフト券を買うのか、これも迷ってしまいます。まぁ、どちらにしろお得な年齢になったということなんですが、これだけが歳喰って自慢できることかな・・・(^_^;) イイデショ

投稿: 秋田 | 2006.11.23 21:11

ハイ…50歳以上でシニア料金になるゲレンデってたくさんあります。
しかも結構な割引率になっているようで美味しい話しですね。

ところで本格シーズンには程遠い時期ですが週末は立山にいます。
シーズン2回目なので転んで凹んでボロボロになって帰ってくるでしょう。
日本で最も早いパウダーと温泉を満喫してきます(^^v

投稿: kei | 2006.11.24 00:42

今年の立山は雪がどうなるか心配しておりましたが、この前の降雪以来しっかりとあるようですね。いや~、うらやましか~。
また報告レポート待っています。
僕は今、ベクター買うか、ワールドピステにするか、BDのヌーニョのままでいくべきか大変に迷っております。ワールドピステとヌーニョは性能とか使い道が近いのでしょうかね。なら、ベクターか・・・?

投稿: 秋田 | 2006.11.24 15:47

こんばんわ。
夕方帰宅しました。立山はここ数日雪は降っていないため、斜面はかなり固かったです。
25日は快晴、26日は雪でした。
5人全員が楽しめましたよ(^^v

新しい板選びは楽しいですよね。
ワールドピステとヌーニョって似ているような気がしますね。
実際に乗り味とかは違うのでしょうけど。
私はワールドピステを使用していますが、軽いパウダーやゲレンデでのカービングと何でもこなせる1本だと思います。

投稿: kei | 2006.11.26 23:36

そうですよね。ヌーニョとピステは似ているだろうと僕も思っています。ここは焦らずベクターがどんな味の板なのか、きちんと見極めてから購入を検討すべきかな。いい板履いたって下手っぴが急にうまくなるわけありませんからね。(^_^;)
さて、立山での初BCお疲れ様。天気にも半分以上は恵まれたようで。
リフトの無い斜面を、板担いで登っている写真を見るとワクワクしてきます。ピリピリ感が伝わってきます。早く僕もやりたいもの。
テレブーツでの歩行ですが、登山靴に比べるととっても雪面の状態を足が感じにくいというか、実際かなり歩きにくいですよね。アイゼン履いていてもそうですが、ツボ足だと結構僕は恐怖を感じるぐらい。それにも増して、そういうところをピッケルじゃなくストック持って進むということ自体が「山やあがり」の僕としては怖いことなんですけど、その太朗君が滑落したという時はどんな状況だったのですか。読んでいるだけの僕でも鳥肌が立ちました。まさに九死に一生を得たということのようですが。(すみません、レポートの在処が分からなかったので詳しいこと知らずに生意気なこと書いているかもしれません)
自分も時々やってしまいますが、ピッケル無しで雪面を歩くって「丸腰で適地に乗り込む」ような感覚があります。今後の参考にさせてください。

投稿: 秋田 | 2006.11.28 06:33

レポは現在作成中です。
落ちたのは三の越から山崎カールの縁へトラバースする途中です。
普段ならなんともない所なのでしょうが、浄土山のアイゼン登行で足にきていたのでしょう。
疲れた足でエッジが使えなかったのかもしれません。

taro君の場合、本当に助かったのが不思議なくらいの滑落でした。
レポで全てを書きます。お待ち下さいm(__)m

投稿: kei | 2006.11.28 07:19

そうだったんですか。何も知らずに勝手なこと書いてしまったこと謝ります。スキー履いている時に滑落したんですね。そうした場合にストックを持つべきか、ピッケルを利き手にでも持つべきなのか難しい問題かもしれませんね。バランスを取りながら進むには両手ともストックの方がいいですし、滑落停止のことを考えればピッケルを持っていたいし、
エキスパートの間ではこうした状況の時、どんなスキルを持つことがノウハウとなっているのでしょう。それにしても大変なことにならなくて本当に良かったですね。

投稿: 秋田 | 2006.11.28 12:26

秋田さん、こんばんわ。
以前、関温泉のガイドツアーに参加した時にそういう話題になりました。
ガイドの意見はスキーを履いている時はピッケルを持つべきではないとの事。私も同じ意見です。
スキーにはエッジと言う最大の武器でがあります。
また私はストックは基本的にsccootの伸縮しない1本タイプしか使いません。
理由は相当固い斜面でも刺さる剛性がある事と刺した時に心材自体が跳ね返らない信頼性があるからです。

山スキーではとかくパウダーバスケットに伸縮タイプが流行っていますが、私は疑問です。
滑る時にザックにストックを装着するボーダーならともなくスキーなら滑る時にもストックを使うのだからそんなに短くする必要がないような気がします。
伸縮式はアイスバーンで突いた時明らかに頼りない感じを受けますからね。
強いストックワークとエッジ操作で滑落の殆どは防げます。
もちろんそれらを操れる強靭な体があっての話しなのですが…。

ストックの先にピックのようなものを付けて春先の富士山とか滑る人がいますが、それは有効かもしれませんね。
しかし転倒したときに自分の身に危険が迫る事を思うとそれもどうなのか…。

投稿: kei | 2006.11.28 22:51

難しい問題ですね。仮にちょっとしたアイスバーンをトラバースしている時、板履いてストックを持っている(ストックのループに手を通して)場合と、テレブーツ(アイゼン着用)でピッケル持っている場合とでは、突風でバランスを崩して転倒した時どちらが危険性があるのでしょう。滑落し出さなければどちらも笑ってすむかもしれませんが、滑落し始めればピッケルの方が停止動作に向いているとも考えられます。でも、スキー板履いていれば、転んだ状態からもエッジ利かせて止まるなり滑降状態に入ることも可能でしょうから、やはりこれはその時々のケースに合わせた行動を取るしかないのかも。一番怖いのはスノーシューでストックという時でしょうか。滑落し出したら何ともならず運を天に任せるだけ?

投稿: 秋田 | 2006.11.29 09:50

立山をアップしましたよ。

投稿: kei | 2006.12.02 08:17

2回送信しましたが、なんだかうまいこと表示されないみたい。と言ってこれが送信成功したら、前の2回はどうなっているんじゃ?ってことですね。

投稿: 秋田 | 2006.12.05 00:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウイングヒルズ白鳥リゾート | トップページ | 入道ヶ岳 »