« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月の記事

2006.10.29

竜ヶ岳

テレマーク仲間とシーズン前に一度山に登ろう…と計画して決まったのが今回の鈴鹿山脈”竜ヶ岳登山”なのである。鈴鹿のほぼ中部に位置する山でそのなだらかな山容が人気の山。
Ryuugadake
山頂直下からは点在する紅葉が綺麗だった。

続きを読む "竜ヶ岳"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.16

みちのく紅葉山紀行

朝の酸ヶ湯から見た八甲田大岳は綺麗だった。天気も良さそうなので岩木山を目指す。
ところが城ヶ倉大橋を渡って暫くすると岩木山が見えた。少し雲が出ている。
もう暫く車を走らせるとだんだん雲が増えているようだ。

よし…決めた。ダメもとで秋田駒ヶ岳にしよう。
今日は帰宅日なので夕方には秋田空港に戻らなければいけない。
少々慌ただしいが8合目からなら登れるだろう…。
Akitakoma1
いくつかのピークがあってそれぞれが自己主張しているようだった。
なかでも女岳は溶岩流跡や煙が出ていて他とは違う雰囲気に…写真の火口丘も目立つ。

続きを読む "みちのく紅葉山紀行"

| | コメント (2)

2006.10.15

みちのく紅葉山紀行

夕べは大深温泉で熟睡できた。こんなに気持ちよく眠れたのは何日ぶりだろうか。
5時半に出発。目指すは八甲田である。
十和田湖を経由して谷地温泉手前で高田大岳の勇志が望めた。
麓の紅葉はまさに燃えるような色であった。
Hakkouda
毛無岱を見下ろすと実に癒される。大岳山頂では残念ながらガスに巻かれた。

続きを読む "みちのく紅葉山紀行"

| | コメント (0)

2006.10.14

みちのく紅葉山紀行

深夜目覚めて車を走らせる。殆どいくらも寝ていないのに…。
満点の星空が今日の快晴を約束してくれた。
八幡平の山頂を越えて馬返し登山口に着いたのはまだ4時半だった。
Hatimanntai
八幡平の御在所温泉周辺はお祭り騒ぎ。
私は山岳紅葉で八幡平と栗駒山が最も綺麗だと思う。

続きを読む "みちのく紅葉山紀行"

| | コメント (0)

2006.10.13

みちのく紅葉山紀行

睡魔と戦いながらの移動である。良い天気だったので山が良く見えた。
中でも鳥海山は大迫力で見えたのだ。
秋田空港からはレンタカーで後生掛温泉へ移動。
Tyoukai
いつか登りたい・いつか滑りたいのが鳥海山なのだ。

| | コメント (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »