« 錦織の室堂と奥大日ヶ岳 | トップページ | みちのく紅葉山紀行 »

2006.09.30

錦織の室堂と奥大日ヶ岳

T1
奥大日ヶ岳山頂からは天狗平の向こうに大きな薬師が聳えていたのだ。
その他、笠ヶ岳や槍ヶ岳も確認できた。素晴らしい眺めだった。

昨日のモヤっとした空とはうって変わって快晴である。実に清清しく予定通り室堂乗越まで行って写真を撮ろうと思った。
朝食は6時半から…みくりが池と同じバイキング形式だった。朝食後にパッキングして外へ出た。丁度太陽が稜線から出てくる頃でたくさんの三脚が並んでいた。

雪のない時期に雷鳥平へ降りるのは何時以来だろうか…目にも鮮やかな雷鳥沢を見ながら乗越まで上がる。
丁度2511ピークから良い写真が撮れそうなので軽くハイクする事にした。しかしまだ逆光で暗い雄山の山肌はコントラストが弱め。ピークからはいまいち写りが悪い。それに見上げると奥大日ヶ岳はすぐそこに見えているではないか…こんなに近いのなら登っちゃおう。もうかなり立山に来ているが何故か大日ヶ岳は眼中になかった。大日連山の最高点は標高が2606m。この最高点からは剱や毛勝三山が手に取るように近くに見えたのだった。
T3_1
雷鳥沢である。コントラストに目がチカチカするよ(笑)。
午前中の太陽光線はやはり弱く紅葉も映えないので下山しながら写真を撮る。
弥陀ヶ原も綺麗な草紅葉で見事な庭園になっていた。
T5_1
こちらは奥大日ヶ岳からの弥陀ヶ原。
呆れるほど広い庭園でもう黄金色に染まりつつあった。
ピークは来週末だろうか。立山は標高差があるので紅葉も長く楽しめる。
室堂以外にも見どころは沢山あるのだ。

|

« 錦織の室堂と奥大日ヶ岳 | トップページ | みちのく紅葉山紀行 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 錦織の室堂と奥大日ヶ岳 | トップページ | みちのく紅葉山紀行 »