« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月の記事

2006.07.22

シーズンを振り返り…

シーズンが終わった…。いや、厳密に言うとまだ滑る機会はあるかもしれない。でも一応この辺で区切りを付けてシーズンを振り返り、反省と新たな課題、今後の豊富などを綴ってみたいと思う。
Nabe_1
頸城の山々をパノラマできた鍋倉山山頂。実に素晴らしかった♪
中央が火打山、同じく中央やや右がアライマウンテン(大毛無山)である。
大毛無山だけが周りの山より際立って白いのが分る。

続きを読む "シーズンを振り返り…"

| | コメント (2)

2006.07.14

ARAI MOUNTAIN&SPA経営破綻について

新潟県にあるアライマウンテン&スパが経営破綻した。
私はこのゲレンデ独自のアバランチコントロールなど斬新な発想と大毛無山がもたらす異常なまでの積雪量に感動し、2006シーズンなどはついにシーズンパスポートまで購入したほどの熱烈なアライファンだったのだ。
Arai714
見慣れた写真だけどこんな光景他のゲレンデでは絶対に見れないだろう。
もう一度滑りたい…大毛無のトップから日本海に向って。

続きを読む "ARAI MOUNTAIN&SPA経営破綻について"

| | コメント (0)

2006.07.09

立山

みくりが池温泉で目が覚める。濃いガスがかかり、今にも雨が降り出しそうな空だ。予報通りと言えばそれまでだが、我々は奇跡を願った。9a
浄土山へはターミナルからすぐ取り付ける。
雨のリスクを背負いながらも執念の1本だった。

続きを読む "立山"

| | コメント (2)

2006.07.08

立山

4時半に目が覚める。窓の外は真っ白にガスがかかり、滑走困難に思えたが、朝食を摂りテレビを見ながら寛いでいたら9時前に少し空が明るくなってきた。
小屋の人も登山道の整備に出るというので長い長い剱沢へドロップする事にする。
8b
真砂沢ロッジに着いて時計を見たらドロップしてから1時間半も経っていた…。
剱沢の雪の量に唖然。写真のような沢が約3kmも続くのだから堪らない。

続きを読む "立山"

| | コメント (0)

2006.07.07

立山

シーズン終盤だが雪を求めて旅は続く。立山を少し調べてみたら今年の雪の量は半端ではないらしく、これは行くしかないと計画を立てた。
7c
非常に綺麗なカールの真砂沢。前方に鹿島槍を望みながらドロップした。
上山日とあり、時間の都合で途中までしか滑れなかったのが悔やまれる。

続きを読む "立山"

| | コメント (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »