« 乗鞍岳 | トップページ | 乗鞍岳 »

2006.06.05

CYCHO SWEET180

来シーズンのパウダーシーンで最も頼りになるファットスキーを注文しました。
板はいろいろ考えたがはやりこれしかなかった。
S180a
アライのとある場所にて…。大寒波が来れば一晩で1m近く積もる山である。
そんな異次元なフィールドだからSWEET以外は考えなれなかった。

KEI-SKI  CYCHO SWEET180 厳冬期のアライ専用と割り切って潔く整地は全く滑れないモデルにしたのだ。
エッジはベース0.5度、サイド88度で立て具合は操作性重視でオーダーした。

ビンディングはG3のタルガ(レースカートリッジ)とし、板の性格上アライマウンテン以外で使用する事は殆どないと思ってクライミングワイヤーやシールは購入しなかった。

代理店は今期購入したCYCHO175同様、松本のブンリンだ。
今注文しても手元に届くのは12月の上旬だから…実に気の早い話しだが、これをやっておかないと気が済まない(笑)。
夏は夏なりに山に登るのだが、来たるべき冬に備えると言う意味でも非常に重要な季節だと思う。

|

« 乗鞍岳 | トップページ | 乗鞍岳 »

遊びの道具」カテゴリの記事

コメント

keiさん、こんにちは。
先日はメールでいろいろとアドバイスをありがとう。
私も早速注文してきました。
大阪市内にもKEI-SKIの代理店が2店あります。一店は本日お休みでしたが、淀屋橋近くにあるお店は営業していたので行ってきました。「sports3110」というお店です。注文したのは「CYCHO163」プロパーデザイン、角度は標準仕上げ、エッジの立て具合は操作性重視で決めてきました。板がお店に届いたら、今度はビンディング(マーカー)を注文して取り付けてもらう予定です。靴をどうするかは考え中です。今履いている靴に合わせるか、ゲレンデ用に新しい靴を注文するかです。今の山スキー靴は底がビブラムなのでダメというわけではないが、はずれにくいということがあるそうです。最近はゲレンデ用の靴で、ロボット歩きのようにならない、しなやかな靴も出ているようです。靴についてはこれからいろいろ研究しようと思っています。近くの代理店で注文するとやはり何かと便利です。チューンナップもやってもらえます。ワックスもゲレンデの場所や雪質の具合で適したのをかけてくれるそうです。今期使った板のチューンナップをまだやっていないのですが、sports3110に頼むことにしました。近くに来るついでがあるので夕方取りに来てくれるそうです。親切でしょ(笑)

板の注文受付が6月いっぱいだったので私も気になっていました。これでヤレヤレ一安心です。これから雪のシーズンがやってくるまでは百名山をいくつか登りたいと考えています。

ということで、ご報告まで。では、また。

投稿: Minami | 2006.06.07 16:31

梅雨時期に板を注文すると言う普通からはかけ離れた感覚は病みつきです(笑)。
次のシーズンまでその板のパンフを眺めたり、滑っている足裏感覚をイメージしたり…モチベーションを維持するのは不可能なんですが、来るべき冬に備えるという意味でも大変な効果があります。

アライは非常に難しいゲレンデです。そしてサイコも凄く癖のある板で乗りこなすにはそれなりに苦労するかと思います。
でも絶対に諦めない事。常に前向きにチャレンジし続ければ必ず上達しますから…。

投稿: kei | 2006.06.08 00:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 乗鞍岳 | トップページ | 乗鞍岳 »