« ARAI MOUNTAIN&SPA | トップページ | 神奈山 »

2006.04.15

関温泉スキー場

朝早く起床したものの、サークの受付自体が10時なのでのんびりしていた。ROOTS ROCK TELEMARKと言う変った名前のキャンプだが、要するにルーツ物…革靴や細い板で普通に滑れるようになる為のキャンプなのだ。
Seki415
文句なしの快晴だった関温泉。
まずはゲレンデ正面の大きなパイプに度肝を抜かれる。

電話の時点で久我君に「プラブーツに履き替えたときにその効果が分りますよ」といわれて申し込んだのだが、正直不安の方が大きかった。
受付を済ませると久我君が革靴の履き方や3ピンの意味とかを説明してくれた。まずはリフトに乗らずにゲレンデの緩い場所を歩いて滑る練習だ。さすがに軽快だが滑る時の頼りなさはある意味病みつきかも(笑)。

リフトに乗ったあとは尾根沿いの緩いコースでターンの練習。乗って滑った感想は本当に簡単な事で転んでしまうし誤魔化しが一切きかないということだ。シビアな操作が必要で足裏が緊張しているのが分る。
これは本当にプラブーツに乗り換えた時に効果があるハズ…。

キャンプ参加人数自体は6人なのだが、午前の部と午後の部にクラス分けすることになった。
私は午後の部だが午前もこのマテリアルで自由に滑って良いのでひたすら練習した。
午後になり久我君の指導のもと急斜面にもチャレンジするのだが、はっきり言って転倒の連続で練習にならなかった。
ラスト3本は板を変える時間をくれたのでいつも乗っているワールドピステに変更。すると雪面が結構荒れているにも拘らず結構乗れた。革靴効果か?

講習ラストは最上部から春井沢へ滑り込むプチツアーだ。ちょっと荒れた斜面をトラバースして旧ゲレンデまで緩い登り返しだ。
着いた場所には当然誰もいないのでみんな自分のペースで滑っていた。ゲレンデに戻って講習は終了。
宿に帰って明日のツアーの用意をするものの、天候は荒れる前兆が…。
夜は久我君を交えてワイワイガヤガヤと食事をして楽しかった。
夜半に凄い風が吹いていた…予報では雨も降るらしいのでツアーは中止だろうな。

|

« ARAI MOUNTAIN&SPA | トップページ | 神奈山 »

ゲレンデスキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ARAI MOUNTAIN&SPA | トップページ | 神奈山 »