« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月の記事

2006.03.31

新潟へ…

疲れ方は今だかつてない程だった。事故らずに着いたのが幸い。
-6℃。冬に戻った池ノ平。
Rand331
ここに来ると何故か落ち着く。

| | コメント (0)

2006.03.23

野麦峠スキー場

春に3日の晴れなし…全く変りやすい天候が続き、山に入るにも単独だと結構場所選びで悩んでしまう。乗鞍でもいいんだけど、イマイチ何時でも行ける山ってイメージがあるからね。で午前は曇りで午後から晴れるとの予報だったのでゲレンデ練習と割り切り、一度行きたかった野麦峠スキー場を訪れた。
nomugi1
この時期でも降雪があればオフピステスキーを楽しめるのだ。

続きを読む "野麦峠スキー場"

| | コメント (3)

2006.03.19

開田高原マイア

昨夜はやまゆり荘でてつさん、さとさん、と再会する事ができた。一家の方々ともテレマークやアライマウンテンのハイクやアクセスの話しをしたのだが、なんか結構有名人みたいσ(- -)
多分、私の山バカ、スキー馬鹿ぶりに呆れていたであろう。
mia3-19
久し振りの日曜マイア。ムースの試乗会受付前。

続きを読む "開田高原マイア"

| | コメント (0)

2006.03.18

十石山

金曜日に結構降ったとの情報を得て乗鞍へ向う。強風で上部リフトがクローズしたらしいので土曜日朝一は深いパウダーが味わえるか?と思ったが、テレ友のボルトマンから連絡が入り急遽十石登山が決定(レポは後日アップ予定)。
koya
充分に休んで下山に備える。
冬山では暖かいものがなにより貴重なのだ。

続きを読む "十石山"

| | コメント (5)

2006.03.13

開田高原マイア

この週明けは季節外れの大きな寒波が日本列島を覆い、最後のパウダースキーを楽しめる可能性が出てきた。しかし残業明けに新潟まで行ける体力も気力もなく、1日だけのテレマークを楽しもうと考えてmtontakeさんに電話した。
mia3-13-600
久し振りのマイアはやはり寒かった…雪もマイアの雪だった。
ウエアが変っているのにいろんな人が声を掛けてくれたのがなにより嬉しかったよ。

続きを読む "開田高原マイア"

| | コメント (0)

2006.03.08

ARAI MOUNTAIN&SPA

明日はまた悪天候が予想されるので今日で上がる予定にした。が、今日もはっきりしない天候。雪面はなんとも言えない微妙なコンディション。
arai3-8
天候によってテンションが変るのは当然だ。
しかし、どんなにガスっていても確実に降りれる技術を身に付けたい。

続きを読む "ARAI MOUNTAIN&SPA"

| | コメント (0)

2006.03.07

粟立山

5時起床。西野谷の下山口に車で行き、長靴をデポしてきた。
と同時にここに無事に降りてこられるように祈る。
awadati
決して長いハイクではない。
しかし、危険な場所もそれなりにあるのが粟立山だと思う。

続きを読む "粟立山"

| | コメント (0)

2006.03.06

完全オフ

雨なのでオフにした。明日の山の準備や洗濯などなど。
お昼は上越の富寿司へ。うまうま(^〜^)
tomisusi
直江津港はすぐそこ。近海物ははやり味が違う♪

| | コメント (0)

2006.03.05

鍋倉山

5時に起きてすぐに出発。妙高高原から斑尾高原を経由して飯山へ入る。戸狩温泉を過ぎると温井地区に着いた。予め準備はしてあったのでGPSだけセットして7時10分に出発した。晴天に恵まれて樹木の無い山頂にしてはそんなに風も強くなかった。原始の森や大斜面、霧氷にパノラマとパーフェクトなテレ山行でした。詳しいレポは近日アップします。
n4
山頂からは頸城の山並みが手に取るように一望できた。

続きを読む "鍋倉山"

| | コメント (0)

2006.03.04

ARAI MOUNTAIN&SPA

4時半に目が覚める。昨夜の池ノ平は−9℃だったのにアライは−3℃。こちらのが暖かいようだ。6時半に駐車場の除雪が始り、車の移動をお願いされた。
arai3-4a
何度見てもド迫力の大毛無山。雪がいかに綺麗だったかよく分るだろう。

続きを読む "ARAI MOUNTAIN&SPA"

| | コメント (0)

2006.03.03

新潟へ…

今日は移動日。ランドマーク前−9℃。
明日は最後の良い雪だろうから整理券欲しさに並ぶことにして…このままアライの駐車場にて車中泊。
arai3-3
この時期にしては良く冷えた夜だった。明日への期待は高まる。

| | コメント (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »