« 新潟へ… | トップページ | 鍋倉山 »

2006.03.04

ARAI MOUNTAIN&SPA

4時半に目が覚める。昨夜の池ノ平は−9℃だったのにアライは−3℃。こちらのが暖かいようだ。6時半に駐車場の除雪が始り、車の移動をお願いされた。
arai3-4a
何度見てもド迫力の大毛無山。雪がいかに綺麗だったかよく分るだろう。

7時10分にヴィレッジステーション前に行くと何人かが並んでいる。最後尾に立ち、7時半になったらインフォメーションで整理券をもらうだけ…と言うなんともあっけないものだった。番号は30番。
定刻どおりゴンドラが動き出してスタッフが整理券優先で順番を並びかえていった。雪の付き方はイマイチみたいだが、きっと膳棚は真っ白に覆われているだろう。

ゴンドラを降りて膳棚リフトに乗ると昨日のトラックが薄っすらと残ってはいるものの上出来だ。
滑りだすと軽い粉雪が煙のように舞い上がる。こりゃいいわ。無我夢中で3本連続で滑った(途中で大毛無をラッセルしているパトロール確認済み)。こんな軽いパウダー、今シーズンのアライではこれで最後だろう…そう自分に言い聞かせて丁寧にターンをした。

完全なノートラックこそ少ないが、アンコールの隣に全くラインの無いバーンを発見。風の悪戯か…みんな船石沢沿いを攻めている間に頂くことにする。ここは最高だった。次にリフトに乗るともう山頂へ長い列が…早すぎるだろう。早速並ぶも稜線に上がったところで定番の写真を撮るため、ザックを下す。
次々に抜かれていくがそんな事は気にしない。何故ならこの大毛無大斜面は昨日オープンしていないからだ。24時間降雪がたった18cmとは言え完全なるノートラックは非常に美味しいものがある。
何人ハイクしようが午前中にギタギタになることなどありえない。
arai3-4b
優越感・満足感・達成感…他のゲレンデでは味わえないと思う。
山頂に着くと人口密度過剰気味。座る場所もない。最近お気に入りの北斜面をショートターンで滑ってから大斜面に入る。トラバースラインまで雪は深すぎず浅すぎず…珍しく安定したまま決まってしまった(笑)。雪と視界が良いとこうも違うのだ。
S字まで雪を拾って小マムシを降りる。ゴンドラに乗って麓に下りる。理由は…もう上に上がった所で美味しいバーンなどないと判断して板をワールドピステにチェンジするためだ。

再び膳棚に上がりここで昼食。フードガーデンは私が見た過去最高の人出でレジは順番待ちの長い列が(ここでは珍しい事なんです)。昼からはメインステージとアンコールでベーシックな練習をする。14時半に今日2度目の山頂へ。いい所はまだあった。林道に降りてからはそのまま麓まで滑る。結局その後、山麓第二リフトを3本滑って16時前に上がる。
標高差が1000m近くもある山なので上と下ではまるで雪質が違う。が、この下のシャリシャリ具合も大好きだ。
車に戻ると暑い!完全に春だ。
今晩は降雪がないとの予報。明日のアライは避けた方が無難だろう…と言うことで山に登る準備をする。

|

« 新潟へ… | トップページ | 鍋倉山 »

ゲレンデスキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟へ… | トップページ | 鍋倉山 »