« ARAI MOUNTAIN&SPA | トップページ | ARAI MOUNTAIN&SPA »

2006.02.18

ARAI MOUNTAIN&SPA

5時半起床。ここ数日、快晴や雨と積雪量は減る一方だった。しかし、昨日のまとまった降雪が大毛無山を再び冬山へと変えてくれたのだ。6時、東の空が白みはじめて本日の快晴を確信した。降雪直後の快晴、しかも土曜日と混雑する条件を全て満たしているではないか。
arai2-18a
ゴンドラの順番待ちが無くなった直後のプラザ。先ほどまでの喧騒はどこへ?

今日はネット仲間の杉さんからメールを頂き、一緒に滑る約束をしている。7時半にゴンドラ始発が10分ほど遅れるアナウンスが流れるとほぼ同時に携帯が鳴り、杉さんから「遅れる」との連絡が。先に1本滑ろうかと思ったものの、この長蛇の列に並んで膳棚へ行くのもどうかと思い、リフト待ちの無い山麓第一、第二を乗り継ぐことにした。

目当てはエキサイトかディスカバリーである。第二を下りたらブロードウエイがセッティング待ちで現在はクローズとの事。この時点で滑れるバーンはディスカバリーだけになる。
しかし、この冷え込んだ朝のディスカバリーは実に素晴らしかった。雪は腰まで埋まるほどで細かいアスピリンスノーがキラキラ宙を舞った。それはもはや芸術の域を超越していた。複雑な地形のディスカバリーだが、良い所を選んでブロードウェイに下りた。

麓に着いて暫くしてから杉さんとMINAMIさんと合流した。ゴンドラに乗り込み、今の上部の状況やコンディションなどを説明した。もう主要な沢のパウダーは食べ尽くされているだろう。船石沢・ベンザク沢・エキサイトとチャレンジロードは滑走不可能と説明(ゴンドラから見て分る)。

ではどこか…アライの気象条件付きゾーンは東京ドームの17.5倍もある。アクセスや地形を考慮しながら一番良い所を滑ってしまおうと考えてまずはメインステージから船石沢へのアクセスを流した。緩斜面なのでウォーミングアップには最適。
雪質最高である。MINAMIさんと一旦別行動とし、杉さんとベンザク沢のナロー&スティーブな斜面でパウダーを食べまくる。今度はMINAMIさんと合流したあと、気象条件付きゾーンのトラバースへ入る。良さそうなところを探して急斜面を真下にドロップした。
気温は依然低く、ストックを付くと雪煙が舞い上がる。

アライのパウダーを通常のゲレンデパウダーと一緒にしている人がいるが、それらは全くの別物である。なぜならアライは一部のコース以外圧雪しない。普通の雪山のパウダーだから当然底が無い。この言葉で表現できない独特の浮遊感は山でしか味わえない。
さて下山コースからギタギタのエキサイトとマムシガエシを見送り、小マムシを下りた。この時間帯、リフトでアクセスできるオフピステはここが最善だと思う。中間駅からゴンドラに乗れるのもヨシ。
膳棚に着いた。ここで早めの昼食にした。杉さんたちは2人とも膳棚フードガーデンの味・量・値段に驚いていた。そう…ここは通常のゲレンデレストハウスより格段に旨い・安い・量も多いのだ。

小1時間まったりして上部へ。ここで小毛無の稜線上に人を発見。大毛無大斜面がオープンしたのだ。
価値のあるバーンなので3人でハイクする事で一致した。山頂まではかなりの人の列が…山頂も人でごった返していて人口密度高過ぎ。
早々にドロップする事にしたのだが、ここでもルートの取り方で悩む。まずはMINAMIさんがフォールラインに向って滑りだす。そして私と杉さんは別の尾根上から急な斜面を選んでドロップした。ここ最高。得意のスプレーを派手に上げてターンが決まってくれた。
arai2-18b
かなり深く見えるがこれでも24h降雪が37cmだった。
ここでは大きな寒気が入れば24h降雪が1m近くなんて事も有りえるのだ。

ここからはS字の手前までパウダーを拾いながらトラバース。トラバースは楽しくないが、カチカチにピステンの入ったバーンをテレマークで下るよりマシと言うものだ。
ブロードウェイで六本木平へ。膳棚まで上がって長めの休憩ととった。
まだいけるとばかりにMINAMIさんとは別行動。杉さんとトラバースルートに入り、小毛無直下まで歩いてまた落ちた。

さすがに日当たりの良いところはサンクラストしていたが、場所によってはまだまだパウダーランを満喫できたのだ。下山ルートで山麓第二降り場へ到着。朝、夢のようなパウダーランを楽しんだディスカバリーを覗いたが余りに変り果てた無残な姿に滑降断念。ブロードウェイを六本木平へと下り中間駅の近くで立ち止まる。

さて読んでお分かりの通り、快晴の土曜日にしてはかなり粘ったほうだ。しかしもう限界がやってきた。ハイク無しのオフピステが無くなった以上、切り上げるしかない。ここで杉さんに別れを告げて一人ブロードウェイを下るのであった。

この時期のアライマウンテンには相当数のパウダーフリークがやってくる。
降雪直後の土日ともなればその行列たるや凄まじいものがあり、パウダーの早食い競争みたいなノリなのだ。
もちろん正直好きではない。時間が経つ毎に滑走可能エリアが無くなっていくので地形を理解して頭で考えながら回ることが非常に重要だ。膳棚エリアに見切りをつけるタイミングも大切。

「ARAIでご一緒しませんか」そんな嬉しいメールを頂き、3人で滑ることになったのだが、お二人にこの広大なパウダー天国の素晴らしさが伝わっただろうか…。
願わくば次回は朝一のゴンドラ…若しくは平日の大雪の日に再訪して頂き、大毛無山のスイートパウダーを嫌と言うほど味わって頂きたいものである。

|

« ARAI MOUNTAIN&SPA | トップページ | ARAI MOUNTAIN&SPA »

ゲレンデスキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ARAI MOUNTAIN&SPA | トップページ | ARAI MOUNTAIN&SPA »