« ARAI MOUNTAIN&SPA | トップページ | ホワイトピア »

2006.02.19

ARAI MOUNTAIN&SPA

いよいよ最終日である。さすがに1週間連チャンのテレマークで足が痛い。腰も疲労が溜まっているのでのんびりと滑るようにしたい。
arai2-19
雪のコンディションに拘らず朝一だけは山頂に登りたい。
360度のパノラマビューは日頃のストレスを忘れさせてくれるからだ。

降雪なしの快晴なのでトラックはそのままである。定番どおり、朝一で山頂へ。何度見ても飽きることのない絶景が心を和ましてくれる。雪面はルート取りが良かったのか結構満足。
今日は2組のパーティーがツアーに出ているようでアライから栗立山方面へツアーに出たパーティーのすぐそばに熊がいるとパトロールが騒いでいた。それに気付かずに滑っているのだとか。結果、何事もなかったが…この陽気で熊も冬眠から覚めたということか…。

日曜日なのでメインステージの人口密度が非常に濃い。かッ飛ばしているアルペンスキーヤーは殆どが上級者だと思うので衝突されるとは思ってないがスピードが半端でないために怖い。特に最後の落ち込みで殺人的スピードで落ちてくる人。いくらなんでも飛ばしすぎでしょ。

昼過ぎに足が限界近くに達したため、ゴンドラで下山。

雨で2日ほどまともに滑れない日もあったが、それでも圧雪バーンにパウダーと充実した1週間だった。パウダーは何も考えずにひたすら楽しんだけど、ピステン滑るときだけはとりあえず関で指摘された弱点を意識して滑った。
練習のために練習ほどつまらないものはないので板が丸く回ってくれたターンを思い出しながら滑ったのだが…。

テレマークは自由な部分が多いので人それぞれ滑り方も違う。でも私が今トレーニングとしているのは初歩的ないわゆるベーシックな滑りなのだ。それをマスターしてから個人のレベルでポジションだとか踏み方を変えれば滑りの幅(引き出しの数)が広がるかなと思っている。まだ何年もかかるだろう。やっと初歩レベルでスタートしたと言う感じである。
arai2-19b
大毛無からのドロップは他の気象条件付きゾーンとは意味が全く違う。
30分とはいえハイクしなければ辿り着けない場所だから…。

ただアルペンを夢中でやっていた頃と決定的に違うのは毎回なにかしら発見があって板を操っている感覚が非常に強いという事なのだ。それは踵フリーから来る足の自由度から当然なのだが…。
転ぶことに関しては今はなんとも思っていない。むしろどうせ滑るのならウエアからゴーグルから全て雪まみれになって思いっきり笑ってやろうと。
そしてパウダーは目立ったもん勝ち。チマチマ滑るよりテールから豪快にスプレーを上げて颯爽と去ってゆく。そんな魅せるテレマーカーにいつの日か…なりたいものである。

|

« ARAI MOUNTAIN&SPA | トップページ | ホワイトピア »

ゲレンデスキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ARAI MOUNTAIN&SPA | トップページ | ホワイトピア »