« ARAI MOUNTAIN&SPA | トップページ | 新潟へ… »

2006.01.31

濁河温泉スキー場

地球温暖化の影響なのか真冬でも雨の降る日がある。今日がまさにその日で少し前から気温が高くて雨の予報。会社のボーダーと滑る予定だったのだが、問題は場所選びである。奥美濃は多分雨だろう。じゃー標高の高いゲレンデしかないな。固いバーンは勘弁して…って事で前から気になっていた濁河に行ってきた。
nigorigo3
従業員はたった3人、客は私たちのみで2人(笑)。
昼飯はタダ…実に謎が多く、変ったゲレンデだ…。


前日にゲレンデに電話すると今パラパラ雪が降っていると言う。まぁ、元々雪の多い地域じゃないから深いパウダーなんて期待してたわけじゃないんだけど…。
飛騨小坂から林道を走ると鈴蘭分枝に着く。そこから上は延々細い雪道だ。
右に落ちたらあの世行き。気を使いながらやっとゲレンデに着くと8時過ぎなのに誰もいない。今日は休みなのか?と不安になるが8時30分前に3人のおじさんがやってきた。

暫くしてリフトが動きだしたので乗った。
時々雪が舞う天気の中、最初はロープトゥだ。意外にペアリフトはガッチリしていてしかも早い。
上部に着くと中々の高度感だが、雪が固くてクラスト気味。こりゃダメだわ。
転んだら足折るよ…と無難に滑れる斜面を探すとコマドリコースの一部だけ薄っすら新雪が被って滑れそう。
結果から言うとそこばかり滑った(笑)。

1日券は3,000円だがなんと昼食代込みだ。何を頼んでも1品無料と変ったシステム(平日のみ)。
さらに3,300円の1日券を買うと昼食と温泉にも入れるらしい。濁河温泉は日本で一番標高の高い温泉街だ。せっかくここまで来たので浸かっていこうと決まり3,300円の券を買った。
昼はてんぷらうどん定食を頼んだのだが食べきれない程のボリュームに唖然。
nigorigo1
この中から1品選んで注文する。定食はボリューム満点です。
何かと変わったゲレンデである。アクセスは遠いし雪道は長いし大変だけど何故だかもう一度訪れたくなるゲレンデだった。チャオ側からのが楽かな。降ったら最高だろうね。標高的にも基本的に細かい乾いた雪のハズ。雪良し、食事良し、温泉良しの心温まるローカルゲレンデでした。

|

« ARAI MOUNTAIN&SPA | トップページ | 新潟へ… »

ゲレンデスキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ARAI MOUNTAIN&SPA | トップページ | 新潟へ… »