« 関温泉スキー場 | トップページ | 濁河温泉スキー場 »

2006.01.22

ARAI MOUNTAIN&SPA

降雪直後の日曜日と言うこともあり多くの人出が予想される事は容易に想像がついた。急いで早朝から並ぶライダーの前に立つ気力もないのでのんびり出動だ。と言うことで開き直って朝から温泉と決め込んだ(笑)。
arai122d
快晴の大毛無山…実に幻想的だった。


ゲレンデに着くとゴンドラ乗り場から外のプラザまでかなりの乗車待ちが。この時点で船石沢を候補から完全に外す。膳棚に上がると信じられない事に晴れている。予報では一日雪だったのに。
ゲレンデトップへ上がる膳棚第一リフトから船石沢を見下ろすと凄い数のシュプールが見えた。
arai122b
オープンから1時間後の船石沢。もうすでに食べつくされた感がある。
arai122a
アップで見ると雪が深いのがよく分る。
とりあえずメインステージ脇のパウダーを食べた。そしてリフト沿いに下りて尾根から急斜面を滑ってみたが、『快晴なので視界は良好、低温なので雪質抜群、その上前夜のまとまった降雪で30cm以上のパウダーが味わえる』と言うことなしのコンディションだ。
arai122c
メインステージ脇のパウダー。私も含め、みんな狂っている(笑)。
ここは斜度も緩いので私レベルでも充分に楽しめるのだ(^.^;

周囲を見ると奇声を発しながら直滑降るボーダー多数。奴らの気持ちは良く分る…。が、こんな時こそライン取り、斜面の選択などゲレンデレイアウトを考えて滑る必要があるだろう。
と言うことで私は膳棚リフトの北側一帯に見切りをつけて大毛無直下のトラバースラインに入ってみる。昨日のトレースが薄く残っているが、本日は私がはじめてのようだ。微妙に緩い登りとトラバースが続くので完全にテレマークが有利。
このまま進むと小毛無のオープンバーンに出るはずだが、あそこは今の私に急すぎるので短いが大毛無を背にして林道までゆっくりと流してみた。膳棚の喧騒とは裏腹に…まるで時間が止まったかのようにサイコのロングノーズが雪を掻き分けてゆく…もうありきたりのこの光景…何度体験しても感動なのだ。滑り終えて振り返ると1本のシュプールが。満足である。

さて、ここからトラバースしながら林道に降りた。快感だった。もう1本行こう!そう決めて林道をダラダラ流していたが、やっぱ林道なんてつまらない。で、マムシガエシを下ることにした。以前に雪面がガチガチに硬い時、アルペンで滑って本当に怖い思いをした斜面だ。ここはマジで難しいバーンだが、気象条件付きゾーンではない。
ここから小マムシまでの広い範囲が気象条件付きゾーンに指定されている。小さな沢と尾根が非常に複雑に入り組んでおり、こんな場所を開放していいのか…と言いたくなるほどデンジャラスな斜面だが、マムシガエシより南に危険な滝がないことから条件付きで開放しているのだと思う。
mamusi
こんなコンディションならまだ楽しめるマムシガエシ。
マムシも引き返す事から名付けられたのだろうか?ちなみに難易度ではアライでNo.1です。

ほぼ全てアルペンターンで降りてゴンドラ中間駅から再度膳棚へ。そして同じトラバースラインを少し手前から滑って林道へ。またまた快感。しかし、この時私の背後からパトロールが2名抜かしていった。ロープを持っている。見上げると稜線にもパトロールが2名いるではないか。
しかもラッセルしている!!
オープンするんだ…大毛無大斜面。”山頂から滑りたい”アライマウンテンに来た誰もが持つ願いではなかろうか。それもこのパウダーが味わえる厳冬期の滑降は価値が違う。

オープンを信じて待とう。そう決めて林道をひた降りる。さっきはマムシガエシだったのでこんどは小マムシを降りた。ここは日陰で意外にパウダーが残っていたので嬉しかった。この頃から太陽が当たり風に晒されている斜面はクラスト気味になってきた(ヤバイ)。

中間駅から膳棚へ…。いてもたってもいられないのでリフトで上部に行き、インフォメーションを見るとまだ整備中みたい。待っている間に昼にしようとフードガーデンで昼食にした。
さて、昼が終わりリフトに乗って船石沢を過ぎると大毛無の稜線に人の列が!やられた。昼食後に寛ぎすぎたか。焦る気持ちを抑えながら板を外して稜線に取り付いた。ボードやテレマークはストッパーがついていないので谷に流したら終わりだ。風は無かったが絶対に板を離さないように肩に担ぐ。
山頂までの30分…みんな何を考えて登るのだろうか。いろんな想いが交錯する中、人で賑わう山頂に着いた。板を安全に固定して写真を撮る。絶景だった。雲の合間から火打も見えた。北を見ると蒼い日本海もクッキリ見えるではないか。
o3
ドロップの瞬間はいつも感動と緊張ですね。
o2
真っ白なキャンパスに取り付いたらあとは自在に絵を描くだけ。
さて、この大毛無大斜面はラインの取り方で楽しみ方も随分と変ってくるのだが、今はトラバースラインが入っている関係か大斜面をフォールラインに向って滑る人は少なかったようだ。少し斜度は緩くなるが小毛無方向の尾根から滑降するのが一番気持ちよいかもしれない。
o5
小毛無までの尾根上から山頂直下を撮ると綺麗に数本の浅いトラックが…。芸術だ。
私は転倒したくないので小毛無付近の緩いところを選んで滑ってみた。ハイクした者だけが味わえる快感。他の気象条件付きゾーンと一線を画す理由はそんなところにあるのではなかろうか。
なるべく林道には降りたくないのでパウダーを拾いながら滑る。みんな小毛無リフトで林道に合流するのだが、私は多少ラッセルしてS字までパウダーを滑ってみた。ここまでだけでも標高差で500mほどのパウダーを滑ったことになる。
o4
もうゲレンデとは思えない。まさにバックカントリーではないか!奥が山頂ドロップポイント。
このあとS字から林道に入り、マムシガエシを過ぎて山麓第二からディスカバリーを降りる。このディスカバリー、上級者コースでは一番標高が低いので雪も悪くなりがちな印象があるが、日陰になる場所が多いので充分パウダーを味わえる。しかし、樹林が密になるのが痛いところ。コースも短く、斜面も急で楽しめる所は少ないかもしれないが、少なくとも一般コースで下山するよりは遥かに充実できる。
ブロードウェイに降りたら直滑降で流すのみ。そしてこの後、通常のゲレンデでは考えられないような充実感と達成感に包まれたことは言うまでもない。特に後半はスイートパウダーの連続で本当に奥の深いゲレンデだと実感。

私はゲレンデを滑る目的でテレマークを始めたのではなく、アルペンで山へ入る事の限界を悟ってテレマークに転進した。
よって下山もなるべくオフピステを選んで下山したい(もしくはゴンドラで)。アライマウンテンは斜面の難易度・滑走技術もさることながらどの斜面にいつ入るかで一日の充実感が随分変ると思う。
誰だって”バージンスノーにファーストトラックを刻みたい”だろう。しかし、やみくもに船石沢でロングターンを決めるよりもバーンの選択方法によってこんなにも充実するのだという事を身を持って体感した。
まだ全然上手くは滑れない…呆れるほど転倒するけど、こんな私でもこのアライマウンテンを縦横無尽に滑り尽くしたいと言う夢がある。そしてその夢が叶う日がくるのだろうか…。
o6
たった30分間のハイク…それだけでこれほど楽しめるとは。

|

« 関温泉スキー場 | トップページ | 濁河温泉スキー場 »

ゲレンデスキー」カテゴリの記事

コメント

keiさん、こんばんは。
スキーにかける思いが伝わる文章ですね。
中でも、「食べる」という表現が、上手いなぁ、と感じましたよ。
僕は、Sシューですが、この表現をそのうちに使わせてもらいますね。
では、失礼します。

投稿: makoto | 2006.01.26 19:44

makotoさん、こんばんわ。
厳冬期のアライマウンテンは恐ろしいほどの積雪量なんですよ。

テレマークでのパウダースキーは独特の浮遊感が溜まりません(^.^;
体調管理に気を付けてお互いパウダーを楽しみましょう。

投稿: kei | 2006.01.27 00:16

参りました!
12月大雪のときに3日パウダー食って以来ぜんぜんテンションがあがりません
それでも先日めいほうに行って上の急斜面のわきのツリーの中でパウダー食ってきました
ひさしぶりの急斜面でちょっと満足でした
そんなわけで今月まともに滑ったのがめいほうだけというなんとも情けない月間滑走です

投稿: mtontake | 2006.01.29 21:12

mtontakeさん、こんにちわ。
めいほうとは意外でした。
テンションを上げるにはやはり新潟のディープパウダーで胸まで埋まるしかないでしょう。

これからの1ヶ月間がパウダー最盛期になりますね。ご一緒できる日を楽しみにしています。

投稿: kei | 2006.01.30 14:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 関温泉スキー場 | トップページ | 濁河温泉スキー場 »