« RID・岩谷オフトレセミナー | トップページ | 鷲ヶ岳スキー場 »

2005.11.08

ウイングヒルズ白鳥リゾート

ある程度は予想していたし噂にも聞いていたけど…実際目にしてみるとここまで細いとは(笑)。
これが週末だったら…想像だけでも恐ろしい。
本日06シーズンの初滑りでウイングヒルズ白鳥リゾートで滑ってきた。
wing600
まるで1本の紐のようなゲレンデ。


実は予定していた山の予定が急にキャンセルになったので急遽行くことになったのだ。
国道156線から見る山々の紅葉が非常に綺麗で白鳥高原付近は6℃と冷え込んだ。遅めの到着だったので心配したが人は少なめ。

アトリウムゲレンデを目にしてその細さに愕然とした。ミドルターンはおろかショートターンでさえ気を使うほどだ。
早速板を履いて上部へ。いつもそうだがシーズンの1本目は緊張する。滑りだしてすぐにアイスクラッシャー独特の感触が蘇った。狭いうえに荒れているし圧雪しないためにバーンは柔らかい。正直滑りにくいなぁ…って愚痴りながら2本滑る。
少しづつだが調子が上がってきたので浅回りでスピードを上げるがやはり怖い。平日とはいえ雪上面積が極端に少ないので人を抜かす時や止まる時に非常に気を使うのだ。転倒してコースアウトしようものなら確実に怪我をするだろう。
wing600a
平日1日券は2,000円なので割高感はない。

そんな感じで10本近く滑って暫し休憩。11時頃に雨が降り出す。この雨のあと2本滑って撤収。
初滑りだからこんなもんです。脛でタングを押さえる動作はスキー以外ではしないハズ。
その押さえる感覚を体が思い出したら初滑りはそれでOKだと思う。
帰りは同じ敷地内の”満天の湯”へ。新しい施設で良い湯だったが700円はチト高くないか…。

予定していなかっただけに慌ただしかったけどやはりスノースポーツは最高である。温泉を出ると雨も本降りに…しかしモチベーションは上がりっ放しなのでその足で名古屋のSOSへ直行。シーズン前と言うこともあり物欲には勝てなかった(笑)。

|

« RID・岩谷オフトレセミナー | トップページ | 鷲ヶ岳スキー場 »

ゲレンデスキー」カテゴリの記事

コメント

今年も雪山ログを楽しみにしております。
ウイングヒルズは人が少ないせいか広く感じますが…

投稿: 立木登美男 | 2005.11.09 09:36

立木さん、こんにちわ。
ウイングは確かにガラガラでしたが、ボーゲンかショートターンでしか降りられないバーンは大変疲れました。

今シーズンも頑張って更新しますのでよろしくお願いします。

投稿: kei | 2005.11.10 13:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« RID・岩谷オフトレセミナー | トップページ | 鷲ヶ岳スキー場 »