« 夏のゲレンデ | トップページ | 来期の活動予想 »

2005.07.27

KEI-SKI CYCHO

先月に来シーズンの板を購入したのだが、板の選定にあたって今だかつてないほど悩んだ。今使用しているワールドピステと同じディメンジョンだと楽しくないかなと思ってリアルファットにしようかとも思ったが、シーズン何回あるか分らない絶叫するほどのパウダーに合せて板を選ぶことに抵抗があった。どうしても割り切れなくて結局。細すぎず太すぎずと言う板を選ぶ。KEI-SKIガレージのサイコでモデルは175である。
cycho


KEI-SKIガレージはスキーメーカー”カザマ”が倒産して立ち上がった新しいスキーメーカーで新潟が本拠地。知人で現地を訪れた人が言うには本当にプレハブのようなガレージで作っているらしいです。
ただし、作っているモデルは選手用のプロトタイプ並みの精度を量産モデルにも採用しているため、一組のスキーに関するコストが並大抵ではない。よってどのモデルも完全受注生産になり、締め切り日までに注文しなければ来期の板を購入する事は不可能なのだ。夏にスキーを注文することに抵抗のある人には購入は無理じゃないかな。

サイコは八幡平のプロスキーヤー庄司さんがパウダーをいかに楽しく滑るかを目標にして開発されたモデルでその制作を担っているのがKEI-SKIと言うわけである。今回私はKEI-SKIの代理店になっている松本のブンリンで注文。シーズン初めのパウダーを滑りたくて早期受注モデルの期間に注文した。何もトラブルがなければ12月上旬には板が届くハズ。もちろんビンディングもシールも注文済みなので雪の便りが届くまであと3ヶ月?待ち遠しいものだ…以上季節外れのlogでした(笑)。

|

« 夏のゲレンデ | トップページ | 来期の活動予想 »

遊びの道具」カテゴリの記事

コメント

サイコは、パウダーに特化している、その潔さがイイんだよね。オールラウンドの板って、便利だけど、それなりな事も多い。K2の持ち板と重ならない特性の選択で、ナイスセレクトじゃないかな。

投稿: ボルトマンF | 2005.07.28 23:15

∞にしてたら今頃、後悔してたかもしれないしワールドピステは使わなくなるだろうね。
試乗してないだけに本当にモデルの選択に悩みました。

投稿: kei | 2005.07.30 00:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏のゲレンデ | トップページ | 来期の活動予想 »