« 志賀高原 | トップページ | 開田高原マイア »

2005.01.03

志賀高原

1月3日…今日は志賀高原最終日。雲っていたら昨日と同じ焼額&奥志賀、快晴ならパノラマ見たさに横手山方面へ移動しようと決めていた。で朝を迎えて外を見ると快晴だ(^^v
siga1-3
これを見られただけで幸せだった…。

朝食後にすぐ出発。蓮池交差点から熊ノ湯方面へ。思えば初めてスキーをしたのが高校2年の修学旅行の時でここ志賀高原の熊ノ湯だったっけ。なぜか今でもはっきりと覚えている。
横手山第一ゲレンデは止まるような緩斜面と遅いペアリフトなので上の陽坂パーキングまで上がることにした。準備をしてリフトに乗る。3本のリフトを乗り継いだら標高2305m横手山山頂に着く。日本に存在するゲレンデでもっとも高い場所にあるゲレンデがこの横手山なのである。

独立峰である横手山からのパノラマは山好きでなくても感動するだろう。浅間山と手前に大きな草津白根、頭だけだが富士山、南アルプスと御岳から北アルプスの山々、もちろん頸城の戸隠や妙高も見える。比較的風も弱くて展望する環境は最高だった。手前に天を突く笠岳。リフトで標高を上げたので達成感はない…しかしこのパノラマは簡単に見られるものではないだろう。

その後、渋峠に移動する。緩斜面主体だが基本的にコースが決まっていないようで圧雪していない場所も滑れる。ここは手軽にバックカントリーのツリーランが楽しめる。ボーダーも滑れるがこのゲレンデにアクセスするのにボーダー禁止の横手山を通らなければいけないのでショートスキーで携帯するしかない(そんな人いるのか?)。昼頃に渋峠ホテルのパンを食べた。犬はちょっとでかすぎて近寄るには抵抗があったな(笑)。

当初はここも泊まれるかなと検討したのだが、車に忘れ物なんかしたら大変なので止めた。でも真面目な話し…泊まって見たいなぁ。夕焼けも綺麗だと思う。ちなみに渋峠ホテルの隣はガソリンスタンドだ…紛れも無くここは群馬に抜ける道路なのである。
さて効率の良いクワッドを何度も繰り返し滑って横手山ゲレンデに移動。笠岳と北アルプスが3D効果で見える中、緩斜面を中心にカービングで雪を削った。一度だけ第一ゲレンデまで降りたけどやっぱり緩過ぎる…ワックス効いてなきゃ止まっちゃうよ…。

今回は志賀高原と言うことで何も気にせず楽しく滑った。広大なエリアだけど目的やアクセスを考えて効率よく回ればこんなに楽しめるんだと実感した♪
ちなみに全エリア1日共通券が4,500円で3日券は12,000円…これを特定の宿で買えばさらに11,500円になります。このリフト券でエリア内のバス移動も可能。
志賀高原3日滞在だから旅行会社のパックも検討したけど、正月と言う事を抜きにしても…とても高くて手が出なかった。
暖かいもてなし…極上のパウダースノーに大パノラマ。ただ滑るだけではなく、大自然も満喫できたスキーだった(^^v

|

« 志賀高原 | トップページ | 開田高原マイア »

ゲレンデスキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63776/2466401

この記事へのトラックバック一覧です: 志賀高原:

« 志賀高原 | トップページ | 開田高原マイア »