« 志賀高原 | トップページ | 志賀高原 »

2005.01.02

志賀高原

今日は晴れるのが分っていたので、朝早くから気合を入れて雪掻きをした。車の積雪はだいたい20cmくらいだろうか。キーをひねると気温は-14℃!!(その後ゲレンデで-16℃と表示されていた)。
僕が御獄エリア以外で経験した最も低い気温だと思う。車内に置いてあったジュース類は全て凍り付いていた…まるで厳冬期のマイアのようだ(笑)。焼額山を見上げると沢山のピステンが入っている。こりゃ楽しみだ…もちろん3Vの出番である。
siga1-2
焼額山…コブとオフピステエリアが明確だ。

奥志賀高原のリフト乗り場で板やその他を降ろした。朝日に照らされるスキーヤーオンリーのゲレンデは志賀高原の最奥だけあって凛として静まり返っている。高速リフトを乗り継いで最上部に移動した。平坦な雪道を歩いて焼額山山頂へ標高は…2009mである。ここからパノラマコースに移動してもうもうと噴煙を上げる浅間を確認。そして御岳から妙高まで一直線に見ることができた。昨日は展望が叶わなかっただけに今日のパノラマは素晴らしい。

焼額山は山頂から無数のコースがあり、どこを降りているのか把握していないと迷子になる。それほどエリアが広く、奥志賀高原と両方滑ろうともなればある意味体力勝負だろう。ゴンドラは板を外さなければいけないので余り好きではないが、3本もゴンドラがあり5分で山頂へ運んでくれるのでやはり便利だった。

このエリアも未圧雪コースを何本か用意してくれていた。厳密に言うと各コースの上部はピステンが入っていないようで午前は程良いコブとパウダー、しかし午後は結構強烈なコブ化して大変だ。ゴンドラに乗ると殆どのコースで最初はコブを滑ることになる…滑り手にコースの選択権はないのか。
途中で有名なオリンピックコース(全面コブ)にもチャレンジしてみたが、このコースは僕にはまだ早かった。全然歯が立たず、飛ばされて腰は痛いし…(T^T)ウッウッウッ。ちなみに今シーズンはコブも積極的に練習しようかと思っております(^.^;

最初はコブだらけなので面白くって熱中していたが、午後の遅い時間になるといい加減嫌気がさしてきた。そんな中でも奥志賀のダウンヒルは最高だった。名前の通りまさに落ちる感覚の豪快なロングコース。中間部からは丁寧な圧雪なのでカービングも爽快だ♪結局自分でも呆れるが16時過ぎ、最終ゴンドラのギリギリまで滑った。最後は戻れなくなるのでは?と心配したが、無事に奥志賀のベースに降りてきた。ヘトヘトである…しかし例えようもない充実感もあった。

宿はペンション”オードヴィー”。床暖房で料理も美味しくオーナーも魅力的な方だった。それにしてもこの奥志賀エリアって志賀高原でも特異な場所である。蓮池や一ノ瀬の喧騒は何処に?ここは本当に静かだ…気に入った。

|

« 志賀高原 | トップページ | 志賀高原 »

ゲレンデスキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63776/2465518

この記事へのトラックバック一覧です: 志賀高原:

« 志賀高原 | トップページ | 志賀高原 »