« 妙高杉ノ原スキー場 | トップページ | 志賀高原 »

2005.01.01

志賀高原

妙高で目覚めた元旦はそれなりに雪が積もっていた。除雪が間に合わず、インターまでの道路は2車線が1車線になっている。これから目指す志賀高原は中野インターからの距離が結構ある。給油だけ済ませてどんどん標高を上げた。蓮池の交差点は凄い人出だが、もっと凄いのは雪の量である。普段志賀高原には来ないのでどの程度雪があるのか想像すらできないが、これは明らかに降り過ぎだ(笑)。

雪の無かった時はもっと降れもっと降れと願っていたのに…。スキーを降ろす家族連れで道路脇は路上駐車だらけ。車に積もっていると言うよりは完全に埋まっていてドラミラーも隠れている車が多数。予約してあるホテルに電話して停める場所を除雪してもらった。車を停める場所がないのと停めるスペースに入れないのだ(笑)。宿の人も大変だろう。そして一ノ瀬をベースに寺子屋のパウダーを滑る。

実は年末寒波の予報を聞き、少しはパウダーも期待できるだろうか…と山板も持参していたのだ。でも実際は期待を遥かに上回る深さで深い所では膝上のパウダーだ。寺子屋のトップは志賀高原で2番目に高い標高を持つ。ここのクワッドをベースにオフピステを満喫♪
siga1-1
寺小屋のパウダー。

その後は一ノ瀬の正面ゲレンデを何本か滑る。少しコブっぽくなっていて面白かった。そして横へ移動してタンネの森も数本滑る。2本リフトがあるがペアは1回だけ…効率の良いクワッドでひたすら滑る。滑走距離は短いがここは圧雪していなくて自然のままだ。木々の間を抜ける林間コースのようで山スキー的な要素も濃い。

それにしても良く降る雪だ。ガスがないので視界は良好なんだけど、休憩しながら高天ヶ原マンモスへ移動する。午後3時過ぎ、一ノ瀬を数本滑ってこの日は終了。予想外のパウダーも頂きコブの練習もできてそれなりに満足できた初滑りであった。

|

« 妙高杉ノ原スキー場 | トップページ | 志賀高原 »

ゲレンデスキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63776/2464033

この記事へのトラックバック一覧です: 志賀高原:

« 妙高杉ノ原スキー場 | トップページ | 志賀高原 »